タイランド太平記

やがてタイバーツのスイングバックが始まる?(その2)

さて、私も常日頃からタイバーツの動向に注意していたので、昨年12月16日にアメリカ財務省がタイを為替操作国としての要監視国リストに入れたこと受け、「アメリカの監視強化でバーツ高はさらに続く?」と題してこのブログでもすぐに取り上げました。 ...
タイランド太平記

やがてタイバーツのスイングバックが始まる?(その1)

เศรษฐกิจไทย ปี 2564 ที่คาดการณ์ว่าจะเติบโต 3-4% อาจจะเป็นไปได้ยาก ทางออกสำคัญคือ การตรึงค่าเงินบาทที่เหมาะสม อยู่ในระดั...
タイランド太平記

バンコクのPM2.5は中国並の危険ゾーンに突入!

昨日はまだこれほどでもなかったのですが、これは今朝7時過ぎに東向きの自宅の書斎から撮った写真です。太陽がぼんやりとしか見えていませんが、普通はこれだけ高いところに日が昇れば、外は明るくなって周囲の景色もはっきり見えるのです。しかし...
メディア掲載記事(タイ社会全般)

プミポン国王からタイ国民へのこの上ない贈り物

世界中で再びコロナの感染拡大が猛威をふるう中、早急なワクチン接種が人類にとっての唯一の希望となっている。しかし、世界で有効なコロナワクチンとして認可されているものは、現在ファイザー、モデルナ、そしてアストラゼネカが開発したワクチンの3つだ...
メディア掲載記事(タイ社会全般)

インラック前首相からプラユット現首相へのメッセージ

タイで連日のように行われている、学生たちを中心としたプラユット政権の退陣と憲法改正を求めるデモは、日本でもマスコミで報道されている。当然、バンコクに住む筆者も興味深く注視しているところであるが、政権交代や憲法改正の問題はタイ国民自身の問題...
タイランド太平記

プミポン国王からタイ国民へのこの上ない贈り物

既に周知のことですが、タイのサイアムバイオサイエンス社というバイオテクノロジーの会社が、アストラゼネカからコロナワクチンの技術供与を受け、近々タイ国内でワクチンの生産を始めます。 そして、同社がASEANの中で唯一、コロナのワクチン...
バンコク コンドミニアム物語

まず、パタヤのメルトダウンが始まった?

今回の感染拡大ではチョンブリやラヨーンの賭博場でもクラスターを起こしたことは周知の事実ですが、これにより昨年3月の時よりも激しく、致命的なダメージを受けているのがパタヤです。最初にサムットサーコーンで感染爆発が起こった時は、パタヤは距離が...
バンコク コンドミニアム物語

2021年もコンドミニアム市場は土砂降り状態

新年早々、コロナの感染拡大でバンコクもいつロックダウンが始まるかわからない状況になる中、ビジネス紙のプラチャーチャートが3つの業界団体、住宅事業協会、タイコンドミニアム協会、タイ不動産協会に対し、2021年の不動産市場予測についてインタビ...
タイランド太平記

中国ワクチン以外選択肢がなかったプラユット首相(その2)

実際、タイ政府はこのシノバックの中国製ワクチンを1接種17ドルで買うということですが、これはアストラゼネカの倍以上と結構いい値段です。こんな世界から敬遠されている中国製ワクチンなのに、タイ政府はシノバックにボッタクリされているような気もし...
タイランド太平記

中国ワクチンしか選択肢がなかったプラユット首相(その1)

つい先日、西側諸国が開発した3つのワクチンに世界の需要が集中する中、タイ政府が急遽200万接種以上のワクチンを追加購入することに決めたということを書きました。そして最後に、私個人の考えとして「大きなお世話かもしれませんが、中国製ワクチンで...
タイトルとURLをコピーしました