メディア掲載記事(タイ社会全般)

日本のニュースサイト等で掲載された記事原稿の抜粋で、政治、経済、社会、文化等、タイでの生活全般に関する記事を書いています。

メディア掲載記事(タイ社会全般)

ワクチン外交で犯罪者から英雄になった中国?

タイで成功する中国のワクチン外交 シンガポールのThe Southeast Asian Institute of Educationのレポートによると、中国がワクチン外交のソフトパワーを使って、タイ、ミャンマー、ラオス、カンボジア、...
メディア掲載記事(タイ社会全般)

恵まれている日本のワクチン接種

筆者は現在、タイのバンコクに住んでいる。昨年3月にタイでロックダウンが始まって以来、タイへの再入国時に2週間の隔離検疫や高額なコロナ保険への加入が課されたために、日本への一時帰国もなかなかできないまま、もう1年以上が経ってしまった。 ...
メディア掲載記事(タイ社会全般)

記者会見で東京新聞女性記者に怒ったビッグトゥ(タイのプラユット首相の愛称)

これはタイのテレビでも放送され、タイコミュニティの間で賛否両論、ちょっと話題になっている話である。 去る3月30日のこと、タイのプラユット首相の定例記者会見の席で首相の前でふてぶてしく足をんでいた外資系新聞の女性レポーターに対して、...
メディア掲載記事(タイ社会全般)

さらば、憧れのタイ年金生活ロングステイ

筆者は2011年の8月にタイに移り住んだのでもう10年目になる。当時、2011年から2012年にかけては1ドルが70円台という史上最高の円高時期であった。従って、タイバーツのレートも1バーツ2円50銭前後であり、1万円で4,000バーツに...
メディア掲載記事(タイ社会全般)

プミポン国王からタイ国民へのこの上ない贈り物

世界中で再びコロナの感染拡大が猛威をふるう中、早急なワクチン接種が人類にとっての唯一の希望となっている。しかし、世界で有効なコロナワクチンとして認可されているものは、現在ファイザー、モデルナ、そしてアストラゼネカが開発したワクチンの3つだ...
メディア掲載記事(タイ社会全般)

インラック前首相からプラユット現首相へのメッセージ

タイで連日のように行われている、学生たちを中心としたプラユット政権の退陣と憲法改正を求めるデモは、日本でもマスコミで報道されている。当然、バンコクに住む筆者も興味深く注視しているところであるが、政権交代や憲法改正の問題はタイ国民自身の問題...
メディア掲載記事(タイ社会全般)

安全だったタイも、外国人不法労働者で感染爆発!

今年3月の非常事態宣言と厳格なロックダウンでコロナの封じ込めに成功し、タイは世界でも数少ない、コロナをうまく制圧できた国として知られてきた。しかし、12月19日、バンコク近隣のサムットサーコーン県にあるエビ市場で、一挙に700人近くが感染...
メディア掲載記事(タイ社会全般)

盛者必衰、衰え行くのかタイのタクシン勢力

現在、王室改革のデモで揺れ動くタイであるが、実は20年近く前、新政権となったタクシン元首相も王室に対しては批判的であった。彼の政権は、貧富の差が激しいタイの社会構造の中で、貧しい農民や都市の下層階級に圧倒的に支持されて成立したのであるが、...
メディア掲載記事(タイ社会全般)

南シナ海防衛、海軍力を増強するASEAN

今、タイ国内はプラユット首相の辞任を要求して学生のデモが続いているが、6年前にクーデターでこの軍事政権が成立した際、アメリカのオバマ大統領を筆頭に欧米民主主義諸国の多くが、軍事政権は民主的ではないとして非難していた。 一方、筆者の記...
メディア掲載記事(タイ社会全般)

“非常事態宣言”再延長、タイ王国は依然闇の中!

先日、バンコク在住の筆者はバンコクロングステイクラブが毎週水曜日に開いている飲み会に、半年ぶり、いや、正確には7か月ぶりに顔を出してきた。3月の非常事態宣言以降、この会もコロナ感染リスクを避けて長らく中止になっていたのだが、国内の新規感染...
タイトルとURLをコピーしました