バンコク コンドミニアム物語

バンコク コンドミニアム物語

土地購入OKなら、タイ不動産投資に大チャンスがくる!

疲弊するタイ経済と外国人への期待 昨日のバンコクポストによれば、タイ経済の復興手段としてかねてから議論がされていた、外国人富裕層やプロフェッショナルを国内に呼び込む策として10年ビザの発行と土地購入を許可することについて、いよいよ内...
バンコク コンドミニアム物語

不動産、建設、ホテル・レストラン業界はさらに地獄が続く

タイ中央銀行の調査結果 昨日のオンラインビジネス紙、プラチャーチャート・トウーラギットに載っていたタイ中央銀行の発表によれば、タイ経済界では5月と6月の2か月連続で経済に対するコンフィデンスが悪化しただけでなく、向こう3か月の経済状...
バンコク コンドミニアム物語

これからタイバーツは独歩高から独歩安へ真っ逆さま?

タイと米国、中央銀行金融政策委員会の経済回復に対する温度差 昨日のタイ中央銀行のMPC(金融政策委員会)での協議結果、今後の経済予想にはまだまだ悲観的で、現行の政策金利を0.5%と据え置くことを全会一致で決めました。これに対してタイ...
バンコク コンドミニアム物語

タイのコンド市場、中国人投資家依存では復活しない(その2)

さて、プラユット首相は先日、120日以内にタイを外国人観光客に開放すると発表しました。それを受けて、大手デベロッパーサンシリの社長も、第4四半期からタイの景気は上向くとのコメントを出し、観光客が増加しコンドミニアムの売行きも回復するという...
バンコク コンドミニアム物語

タイのコンド市場、中国人投資家依存では復活しない(その1)

最近、不動産データセンターが2018年から2020年までの3年間に、タイのコンドミニアムを購入し引渡しまで受けた外国人の国別比率を発表しました。 これによると、他国を圧倒して過半数が中国人であり、デベロッパー各社がとにかく一刻も早く...
バンコク コンドミニアム物語

バーゲンハンターが闊歩するバンコク中古市場

ちょうどオンヌットとプラカノーンの不動産市場について、プラスプロパティの市場予測を基に私の考えを書いたところなので、それに関連して少し具体的な話を書いてみます。 本来、私は仲介はやらないのですが、実は今、日本のクライアントの依頼でプ...
バンコク コンドミニアム物語

プラカノーン~オンヌットの市場予測(その2)

さて、プラカノーンはオンヌットに比べると買い物やレストランといった生活利便性ではやや劣るものの、シーロムやワンバンコクにつながるラーマ4の起点なので、オンヌット以上に交通の要所であり、アソークやプルンチットのCBDで仕事をする外国人も多い...
バンコク コンドミニアム物語

プラカノーン~オンヌットの市場予測(その1)

พลัสฯ มองตลาดคอนโดปล่อยเช่ายังมีความหวังกลับมาฟื้นตัวเมื่อสถานการณ์เศรษฐกิจและการแพร่ระบาดของโควิด-19 คลี่คลาย เผยยังมี...
バンコク コンドミニアム物語

バンコクの不動産投資、年末あたりから物色のチャンスか?

家賃の値下りと物件価格の値下りで不動産市場はボロボロ、底なしの様相だったことから、私はこの市場にほとんど興味をなくしてしまい、もう1年以上「休むも相場なり」でしばらくは買うのも売るのも止めて様子見をしているのが得策と書いてきました。 ...
バンコク コンドミニアム物語

タイ政府予測:2026年までタイの観光産業は回復しそうもない

タイ政府観光庁は是が非でもプーケットでのサンドボックス計画を7月1日から実施し、今後、パタヤやグラビなど5か所でも外国人旅行者を呼び込む足がかりにするつもりということを以前書きました。 また、それに基づき、政府はプーケットの住民に優...
タイトルとURLをコピーしました