バンコク コンドミニアム物語

バンコクの不動産投資について、今起こっていること、これから起こること、そして投資のリスクや実践方法等、筆者自身も自己資金を使って投資しながら、その試行錯誤の中で得た経験を基に投資家目線で情報発信。2018年後半に現地不動産市場の異変に気付き、保有する投資不動産すべてを2019年に「出口」処分しました。今は焦らず底値買いのタイミングを見ているところですが、チャンスがくればまた書くのでこれからも読んでいてください。

バンコク コンドミニアム物語

タイでも流れはグロース株からバリュー株へ

世界の株式市場にトレンド変化 昨年末頃からFRBのテーパリングと利上げが話題になる中、世界の株式市場でも変化が出てきています。すなわち、金利上昇で業績に悪影響が出るグロース株からバリュー株に投資対象がシフトしているのですが、米国や日...
バンコク コンドミニアム物語

2022年は不動産よりドル建てミューチュアルファンドに投資

世界の経済回復先行国アメリカ このブログでも何度か書いてきましたが、コロナの影響で世界経済全体が落ち込む中、特に観光産業への依存度が高いタイ経済の低迷は長引くということで、私は2020年の11月に1ドルが30バーツ前後になった頃から...
バンコク コンドミニアム物語

コンドミニアム買うならトンブリ?

バンコクの高級住宅地 バンコクと東京では街としての規模や歴史も違うので一概に比較するのは無理ですが、それでも大体の土地柄を理解するには、東京の街を例としてイメージするとある程度理解しやすいかもしれません。 例えば、日本人が多い...
バンコク コンドミニアム物語

注目のイエローライン、サムローン不動産市場は復活するか?

新線の中では最も期待できるイエローライン 現地の経済紙、プラチャーチャート・トゥーラギットに不動産鑑定企業のAREAがイエローラインの今年の地価推移をまとめた記事が載っています。 私も数年前に、著書やセミナーでイエローラインと...
バンコク コンドミニアム物語

ボロボロのコンドミニアム市場、空室率はなんと25%

2023年にタイ経済はコロナ前の状態に完全回復する? 昨日のバンコクポストに、財務大臣のコメントが載っていましたが、2022年にタイ経済は輸出の増加や国の投資政策で4%の成長を達成し、2023年には復活した観光産業によってさ...
バンコク コンドミニアム物語

今はバンコクで不動産投資をするべきでない理由

コンドミニアム市場に次第に動きが 最近、かつて私が購入予約権の売却を依頼されていたアソークの新築物件、セレスに何度も問い合わせが入るようになってきています。 昨日も、タイ人エージェントから大分前の私のネット広告をどこかで見たよ...
バンコク コンドミニアム物語

オミクロン・イフェクト、タイバーツが一夜で暴落

世界中の株式市場と為替相場に影響 タイに住む日本人、もしくはタイに来ようと思っている人にとって最も関心のあるのが、タイバーツと円の為替相場ですが、これが昨日時点でのグラフです。 南アフリカで発生した極めて感染力が強いといわれる...
バンコク コンドミニアム物語

風光明媚なプーケット、しかし不動産投資ならパタヤに軍配か

外国人観光客に依存するプーケット 今回、プーケット島の中を車であちこち回ってきたのですが、本当に景色のいいところです。冒頭の写真はドライブで立ち寄った人影のほとんどないビーチで撮ったものですが、エメラルドグリーンとオーシャン...
バンコク コンドミニアム物語

昨日大洪水に襲われたバンコク、やがて沈没する運命に!

世界で沈みつつあるのはほとんどがアジアの都市 日本では小栗旬主演のドラマ、「日本沈没」が放映されているところです。私もこの手のSFドラマは好きな方なので、毎週楽しみに見ていますが、バンコクは今、本当に沈没しつつあります。 ...
バンコク コンドミニアム物語

コロナ発生から1年半、コンドミニアムでもトラブル発生中!

置き去りにされ、埃をかぶったままの自家用車が数台 昨年の3月にコロナが発生してからもう1年半以上が経ちました。そして、オンヌットの私のコンドミニアムの駐車場には、既に1年以上置き去りにされ、埃をかぶってしまっている車が数台あります。...
タイトルとURLをコピーしました