オミクロン対策:タイですぐにブースター接種をする方法

忍び寄るオミクロン感染リスク

前回も書きましたが、現時点でオミクロン株感染予防の最良策はブースター接種です。日本でも来年2月ごろから高齢者を中心にブースター接種を始める予定ですが、それまでに感染爆発が起こってしまうかもしれません。

一方、タイでは今、モデルナを1接種当り1,000バーツ程前後で買うことができるようです。これはワクチンが不足していた7月に、有料でも構わないから早くmRNAワクチンを打ちたいという人のために、タイ政府が全部で800万接種分ものモデルナを購入したからです。

しかし、「モデルナ、7月に予約したのに今も待たされる人達の怒り」で書いたようにモデルナの入荷に遅れが出たため、やっと11月に入って接種が始まったのですが、その間にタイ国内で無料ワクチンを接種してしまった人が多く、そのために不要となったモデルナの接種権利を売り始めたというもので、いわば需要と供給のねじれによって偶然発生したものです。

なお、これについては「モデルナの投売りが始まった!」で詳しく書いたのでそちらを読んで下さい。

現在の相場は1接種当り1,000バーツ(3,500円)

A Facebook group with about 4,800 members, called Moderna First Lot Reservations, had users selling doses for around 1,000 baht ($29.82) with some offering to buy shots for as low as 800 baht, down from an original price of 1,650 baht.

約4,800人がフェイスブックのModerna First Lot Reservationsで(不要になった)モデルナを800バーツから1,650バーツで売りに出している(平均1,000バーツ前後)。

Reuters

ただ、ロイターズの記事ではこう出ているのですが、実際にFBでModerna First Lot Reservationsというグループを検索しても出てこなかったので、このグループはもうなくなったのかもしれません。

しかし、ツイッターなどで探すとまだ多くのモデルナ接種権利を売りたいという広告が出ているので、アストラゼネカを2回接種している邦人などで有料でもオミクロン対策として一刻も早くブースター接種を打ちたいという人にとっては、こういうのを買って接種することは可能です。

もっとも、やはり一番安全なのは同じ日本人から不要になったモデルナを買うことだと思うので、サミティベートあたりに問い合わせてみるといいかもしれませんが…。

コメント

タイトルとURLをコピーしました