オミクロン株に効果がないワクチン、ワースト3

シノファーム、ジョンソンアンドジョンソン、スプートニク

昨日のブルームバーグのニュースによると、中国のシノファーム、アメリカのJ&J、ロシアのスプートニクが世界で使われている6つのワクチンの中でも、特に有効性が低いことがわかったということです。

Researchers at the University of Washington and Swiss drugmaker Humabs Biomed SA analyzed the efficacy of six vaccines against the highly-infectious and most-mutated Covid variant. Only three out of 13 people who had taken both doses of Sinopharm’s shot showed neutralizing antibodies against omicron. For J&J, this metric dropped to one out of 12 samples. None of the 11 people fully vaccinated with Sputnik generated such antibodies.

ワシントン大学とスイスの薬品メーカーが6つのワクチンのオミクロン株に対する有効性について共同で調査した結果、シノファームは13人に2回接種して3人に中和抗体ができ、J&Jは12人が接種し1人に中和抗体が発生。そして、ロシアのスプートニクは11人に接種して一人も中和抗体ができていなかったという結果となった。

ブルームバーグ

従って、少なくともこの結果に基づいていえば、オミクロン株に関してはワースト1位がスプートニク(効果ゼロ)、2位がJ&Jで3位がシノファームということになります。

ただし、これに対しスプートニクを開発したロシアは、彼らの事前調査によればスプートニクはオミクロン株に対しても十分な有効性があったと反論しているとのことですが、これも国の威信がかかっているのかもしれません。

ファイザー、モデルナ、アストラゼネカも大して効かない

さらに、この研究結果、実はファイザー、モデルナ、そしてアストラゼネカも十分な有効性があるというわけではなく、やはり一定の効果しかないということで、先の3つのワクチンよりはましというレベルのようです。

ただし、オミクロン用のワクチンがまだできていない現状では、これら3つのワクチンで3回目のブースター接種を打つしかオミクロン株に対して抗体を作る方法はないということになります。

なお、かつてコロナに感染し、しかもファイザーを2回接種した人だけは、自分が獲得した自然抗体とワクチンの生み出した抗体の相乗効果で最も多くの中和抗体が残っていたということです。

また渡航規制とロックダウンが始まるのか?

Emerging research that some of the most widely-used vaccines provide only a partial shield against omicron is making anxious governments impose travel curbs and accelerate booster shot campaigns in a bid to avert further virus waves and economy-gutting lockdowns.

世界でもっとも使われているワクチンが、オミクロン株に対してわずかなシールド効果しかないという研究結果を受けて、これに憂慮した各国政府は新たな感染爆発と経済に多大なダメージを与えるロックダウンを避けるべく、渡航制限をしたり、ブースターショットを促進しつつある。

ブルームバーグ

ところで、この記事の中で気になるのはこの引用部分です。岸田首相もオミクロン発生と同時に外国人の入国を禁止したどころか、日本人までも帰国させないようにしたりと過剰反応を起こしましたが、WHOが指摘するように、感染力がデルタ株の70倍もあるといわれるオミクロン株は、いくら渡航制限をしてももう水際では止められないということであり、いずれ感染は始まります。

実際、最初のオミクロン症例報告から1か月間ほどで既に世界77カ国に感染が広がっているので、タイも「タイのブースターショット・ガイドライン」で書いたように、急遽ブースター接種を急ぎ始めましたが、これも間に合わないかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました