タイランドパスの詳細とこれからの変更点

24時間サポート開始

先日、「タイランドパス苦情殺到!」と題して、特にこれから観光客として期待できる欧米人から苦情が殺到していることを書きましたが、それに対しタイ政府も迅速な対応を始めたようです。

まず、サポートデスクを24時間体制に拡充し、すぐに問い合わせに答えられるようにしたということです。ただ、多分、日本語はないのではないかと思うし、タイまで国際電話をかけての問い合わせは電話料金も心配なので、日本に住む人は東京や大阪にあるタイ大使館に問い合わせられるようになっています。上のQRコードでアクセス可能ということです。

詳細について

1. 以下のワクチンを認める

• Sinovac
• Sinopharm
• AstraZeneca
• Johnson & Johnson
• Pfizer
• Moderna
• Sputnik V

上記ワクチンのカクテル接種を認めるがそれぞれに次のインターバルがあること

• Sinovac, and then a 2nd dose after 2 weeks
• AstraZeneca, and then a 2nd dose after 4 weeks
• Pfizer, and then a 2nd dose after 3 weeks
• Moderna, and then a 2nd dose after 4 weeks
• Sinopharm, and then a 2nd dose after 3 weeks
• Sputnik V, and then a 2nd dose after 3 weeks

2. 医療保険

For expats, there’s a bit of an issue with the Thailand Pass when it comes to insurance coverage. For expats that have a work permit and are part of Thailand’s public health care, you won’t be required to pay for additional Covid insurance.
タイで労働許可書を持ち、社会保険に加入しているエクスパットは保険加入は不要

For all other expats, and long term visa holders, in theory, you will need insurance to cover the rest of the time listed on your visa, no matter any current policies you may have. So, again in theory, if you have an Elite Visa, you could be required to purchase insurance to cover you for up to another 5 years.
リタイアメント等の長期ビザ保有者は、原則としてはビザの有効期限一杯の医療保険に入らなければならない。従って、5年間のエリートカードビザを持つ人も原則5年間の保険に入らなければならない

But the Ministry of Foreign Affairs says that, in all those cases, a 30 day policy should suffice (given that any demands on your Covid insurance would be less than 30 days).
しかし、外務省によれば、これらの人に対しては30日間の保険加入で承認可とするとのこと(ただし、コロナ保険が要求する期間が30日以内であってもよい場合に限る)

3. 滞在期間について

When it comes to the ‘Length of Stay’ field, what should long term expats fill in? The field requires a number of days. So, for tourists, that’s easy. The Department recommends that expats or long-termer should simply fill in 999 in that field if your return is ongoing.
長期滞在予定のエクスパットやロングステイヤーは、タイランドパスの申請の中で滞在期間のところを999日と入れること

変更予定

これはまだ未決定ではありますが、以下のようなさらに入国が容易になる変更が加えられようとしているので、今後要注意です。

• A system to log in and check the status of application (it appears that may already be in the system!)
タイランドパスシステムにログインして、自分の申請書のステータスが今どうなっているかわかるようにする

• Dropping the rule to have a RT-PCR test within 72 hours of departure because a growing number of countries don’t actually have an option to have this test done.
母国を出発前72時間以内のRT-PCRテストは廃止

• Alternatively the PCR test requirement could be required 72 hours before ARRIVAL. This could happen as soon as next week.
その代わりに、タイに到着する72時間前にPCRテストを行うこと

• There is also discussion about the streamlining of the PCR test upon arrival. The rumour is that they would conduct faster tests (rapid antigen tests), at the airport, that could be approved within 15 minutes. This would remove the need to book an SHA+ hotel (along with the hotel PCR test) for your first night – a major impairment of the current system. Look to the start of December for this change.
タイ到着時のPCRテストは廃止とし、もっと速い抗原検査キット(Rapid Antigen Tests)での検査を空港内で行う。これにより、15分で結果が出るので旅行者に大きな負担となっているタイ到着初日にSHA+ホテルで1泊してPCRテストを受ける必要がなくなる。なお、これは12月からの開始を目指す

以前からこのブログでも何回が書いてきましたが、タイ政府は12月から始まるピークシーズンに標的を合わせているのであり、結局のところ、11月はトライアル期間なので、タイに来るのはそれまで待った方がいいということだと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました