63ヶ国対象で始まった“Test & Go”、でもまだ問題山積み

根拠のないタイ政府観光局(TAT)の予測

การท่องเที่ยวแห่งประเทศไทย (ททท.) ประเมินว่า เดือนพฤศจิกายนและธันวาคม 2564 จะมีนักท่องเที่ยวต่างประเทศเข้ามาเดือนละ 3 แสนคน รวม 6 แสนคน หากประสบความสำเร็จในปี’65 คาดหวังว่าจะมีนักท่องเที่ยวต่างประเทศประมาณ 10 ล้านคน ซัพพลายเชนของภาคบริการจะเห็นการฟื้นตัวอย่างเร็ว

タイ観光局(TAT)はタイに来る外国人観光客は11月と12月は30万人ずつで計60万人になると予想していて、もし今のやり方がうまくいけば、来年は1,000万人に達し、これにより観光関連のサービス産業が急速に回復すると期待している。

プラチャーチャート・トゥーラギット

TATは特別観光ビザの時もそうでしたが、楽観的な数字をぶち上げて結局尻すぼみになります。今回も11月に30万人といいながら、最初の2日間は数千人しか入国してないことを考えると、なかなか30万人達成は難しいように見えます。ましてや、来年は1,000万人というのは何も根拠がない馬鹿げた数字だと思います。

タイ側だけ開国しても…

นายธเนศ ศุภรสหัสรังสี รักษาการประธานสภาอุตสาหกรรมท่องเที่ยวจังหวัดชลบุรี ให้ข้อมูลว่า นักท่องเที่ยวที่เดินทางเข้ามาส่วนใหญ่จะเป็นโซนยุโรป แต่เข้ามาพักเพียง 1 คืน เพื่อรอผลตรวจ RT-PCR ส่วนชาติอื่น ๆ อาทิ ฮ่องกง จีน เกาหลี ไต้หวัน ติดปัญหาคือเมื่อเข้ามาประเทศไทยเวลากลับไปต้องกักตัว 14-21 วัน รัฐบาลไม่สนับสนุนให้เดินทางออกนอกประเทศ เช่น จีน ที่เคยเดินทางมา 10 ล้านคนต่อปี คงจะต้องใช้เวลาอีกนาน

チョンブリ旅行産業評議会の会長の談話によれば、今後タイに入国してくる外国人観光客のほとんどはヨーロッパからの観光客になると予想される。というのも、タイで一泊してPCRテストで陰性が証明されれば自由になれるといっても、香港や中国、韓国、台湾といったアジアの国々では、タイに旅行した後に帰国した際、14日から21日も隔離が必要だからである。これらの国の政府は国民の海外旅行に消極的であり、中国からはコロナ前に年間1,000万人もの観光客が来ていたことを考えると、かつてのように外国人観光客が戻ってくるにはまだかなりの時間がかかる。

プラチャーチャート・トゥーラギット

あれは2018年だったと思うのですが、久しぶりにパタヤに1泊2日で遊びに行った際、ジョムティエンビーチの割と大きなホテルに泊まったのですが、朝食は8時以降にしてくれといわれました。

なぜかと聞くと、大型バス数台できている中国人の団体客が泊っていて、早朝は中国人客がレストランを専用使用するので終わるまで待って欲しいとのこと。その時のホテルの説明では、中国人客は大声で話しながら、しかも食べものを次々と床に捨てるので、他の客と一緒にしたらトラブルになるからという説明でした。

いずれにせよ、ホテルがここまでやっても来てもらいたいほど、当時は中国人観光客がパタヤを席巻していたわけです。それが今は、一旦海外に出た中国人は、帰国後21日間もの隔離を自己負担でしなければならず、これでは実質海外旅行禁止と同じです。

ただし、ある意味、中国人観光客のいない間が他の観光客にとってはチャンスでもありますが、日本を含め、他のアジアの国々も帰国後の隔離が14日もあるので、この人の予想通り、この年末年始は欧米からの観光客が中心になるのだろうと思います。

もっとも、もし日本政府が今月中に、今の帰国後14日間の自主隔離をなくせば、新年には日本からも多くの観光客が押し寄せるのだろうと思いますが…。

タイランドパスも実はバグ発生で混乱が…

“ตอนนี้เกิดปัญหาเยอะมาก นักท่องเที่ยวที่จะเดินทางเข้ามาส่วนใหญ่ไม่เข้าใจว่าจะต้องทำอย่างไร พนักงานที่ต้องตอบคำถามมีน้อย อีกทั้งเมื่อวันที่ 1 พ.ย.ที่ผ่านมาเปิดใช้ Thailand Puls ก็เกิดปัญหาระบบล่ม มองว่าทุกครั้งที่มีการเปลี่ยนแปลง ภาครัฐอาจจะต้องมีการบูรณาการ ต้องสื่อสารกัน รวมถึงระบบไอทีต้องมีการเตรียมพร้อมกว่านี้”

現時点で既に問題が多発している。タイに来ようとしている外国人観光客の多くは、まず何をしなければならないのかがよくわからない。そこで業者に質問しても、ちゃんと答えられる人がほとんどいない。そして、11月1日に始まったタイランドパスもすぐにクラッシュし、そのたびにプログラムを修正しているように見える。政府は事前にもっとITとコミュニケーションを密にして準備するべきだった。

プラチャーチャート・トゥーラギット

私が聞いているのは、タイランドパスはクラッシュしたというのではなく、初日からバグが多くて欧米人の多くから苦情が出ているということです。タイのITなんか使うからこんなことになる、何故最初から欧米のIT企業に頼まなかったのかと非難する人もいます。

昨日も書きましたが、多くのレストランがSHA+の認定をオンライン申請しようとしてもバグでできないという問題が出ているので、タイのオンライン申請にバグの問題はつきものだからマイペンライ、と諦めるしかないようです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました