タイランドパスは日本人には使えないかも!

ゴルフから帰ってきてビールを飲みながら書いてます

朝5時に起きてPCを起ち上げ、天気予報を見たら今日は晴天ということでした。ここ数日、大した雨も降ってなかったこともあり、それならグリーンも乾いているだろうからと、久しぶりにゴルフに行こうと思い立ち、午前8時半にまたバンナーの海軍ゴルフコースに行ってきたのです。

ところで、「今朝ゴルフに行ったら、ワクチンを打ってない人はプレイ不可と!」で書いたように、ゴルフを通していろんな人と知り合えるのが、ゴルフの楽しみの一つでもあります。そして、今日一緒にラウンドすることになったのはイギリス人でした。

コースを回りながら話していると、彼がホンシャン(HSBC)で働いていた元銀行マンで、昔バンコクに駐在して以来タイが気に入り、リタイア後にバンコクに移り住んだとのことでした。そこで私が、自分もロンドンに8年住んでいたこと、そしてリタイアするまでドイッチェで働いていたことをいうと、親近感を持ってくれたようで、グリーンを歩きながらいろいろと話してくれました。

ちなみに、タイ在住期間は全部で15年になるということで、今はタイ人の奥さんと2人の子供の4人でバンコクに住んでいて、子供たちは2人ともパタナースクールに通っているそうです。

パタナーといえば、ラサール通りにあるバンコクではトップの英国系インターで、授業料も高くて富裕層の子弟しか入れないといわれている名門なのですが、多分、彼はHSBCで何億と稼いだのだろうと思います。

タイランドパスは日本人にとっては難関かも

さて、今日はスコアがボロボロだったゴルフをやっと終えて、昼過ぎに家に戻りました。そして、シャワーを浴た後、書斎でビールを飲みながら、早速、今朝の9時にアップされたタイランドパスを覗いてみました。

ざっと読んでから思ったのは、これは普通の日本人観光客には手強いのではないかということです。それに、私も自分のケースを入力して進めていったのですが、途中で動かなくなったので、まだバグがあるのかもしれません。

しかも、タイ語版と英語版しかなく、英語の苦手な日本人にとってはタイランドパスのQRコードを入手するまで行くのは結構厄介かもしれません。

といって、こんなのをいちいち業者にお金を払って申請代行をしてもらうというのももったいない話ですが、もう少し待っていれば改善されて、来月にはもっと使いやすくなるかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました