タイの複数銀行でハッキング、何万人もの口座が不正引落しに!

不正引落しに気が付いたときには、既に口座は空っぽ!

実は、私も今朝起きてオンラインニュースを読むまで全然知らなかったのですが、タイの多くの銀行で個人口座から勝手にお金が引落され、少なくとも1万人以上の個人が被害を受けていたことが発覚しました。

この事件はタイの3大ビジネス紙すべてに緊急速報として載っているのですが、犯人等の詳しい内容はまだわかっていないものの、不正なハッキングにあったことは各銀行が認めています。

犯人は少額ずつ何度にもわたって引落し

現在わかっているのは、Purchase via EDCという名目で100バーツ以下の少額の引落しが同じ日に何十回、何百回にもわたって繰り返され、その結果、大量の金額が口座から消えてなくなるという事件が、10月1日と2日の2日間に同時多発で起こっていたということです。

”ฝากเตือนทุกคนระวังให้ดี ช่วงนี้ให้ดู เช็คสมุดบัญชีบ่อย ๆ ถ้าเงินหายไปทีละนิดแล้วผิดสังเกต แจ้งธนาคารด่วนเลย ถ้าช้าไปจะโดนดูดจนหมดบัญชีเหมือนผม”

みんな気をつけろ、当面は自分の銀行通帳を頻繁にチェックした方がいい。もし知らないうちに現金が少額ずつ引落されていたら、すぐに銀行に報告するべきだ。もし遅れたら、自分のように残金がゼロになるまで引落されてしまう。(被害者からのメッセージ)

プラチャーチャート・トゥーラギット

これは上の写真の被害者からのメッセージを訳したものですが、事件が起こったのは10月1日と2日ということなのに、何故10月12日に引落されているのかはわかりません。いずれにせよ、この人は最初に6,000バーツほど口座に持っていたようですが、37バーツずつ何十回にもわたり引落されて、最後は残高ゼロになってしまったようです。

リタイアメントビザの人は80万バーツの預金に注意

日本でもみずほ銀行が何度もシステムトラブルを起こし、そのたびに金融庁から文句をいわれていましたが、これについてはまたかともう慣れっこになりました。

しかし、タイのこのケースはちょっと問題です。既に何万人もの顧客口座が実際に詐欺被害に遭っていて、顧客からはその損害の補填は銀行がしろというクレームも出ています。

一方、銀行側はこれは銀行のシステムの問題ではないと責任を否定しているようで、そうなると被害者は、最悪、泣き寝入りするしかないのかもしれません。(注:その後の報道によると、引落された金額については銀行が責任をもって払い戻してくれるそうです)

ところで、これら3大紙の記事を読んでいると、グルンテープ・トゥーラギットだけが、どうもオンラインショッピングで買い物をした客が、その際に情報が盗み取られ、被害に遭ったのではないかというコメントをしています。

いずれにせよ、まだはっきりしたわけではないのですが、少なくともオンラインショッピングやその支払いにクレジットカードを使うのは当面、控えた方がよさそうです。

特にリタイアメントビザで滞在中の日本人などは、80万バーツのビザ更新用資金を口座に残したままの人も多いと思います。ここでもしこの詐欺に遭い残高ゼロになったりすると、タイでは自分が外国人だけに大変です。もっとも、これは私の場合も他人ごとではありませんが…。

コメント

タイトルとURLをコピーしました