今朝ゴルフに行ったら、ワクチンを打ってない人はプレイ不可と!

洪水になる前にゴルフに行こうとバンナーの海軍コースに

今朝起きてグーグルウェザーで今日の天気予報を見ると、久しぶりにバンコクは快晴とのこと。一方で、来週また次の台風がやって来るらしいので、いよいよバンコクにも大洪水がくるかもしれないと思い、それなら洪水の前に久しぶりに海軍のパブリックでゴルフをやろうと思いたち、朝7時半にオンヌットの自宅から車を乗り出したのです。

ゴルフ場に着いたのが7時50分でしたが、大体この時間に行くと、私と同じように一人で来ている誰かとペアを組むことが多いのですが、これもまた楽しみの一つです。タイ人と組めば、ヘタクソながらタイ語でああだこうだと話しながら回れるし、外国人と組めば英語で回れます。

そして今日は、以前にも2回一緒に回ったことがある、確かマヒドン大学でコンピューターサイエンスを教えているという背の高いロシア人と一緒に回ることになりました。

彼はまだ40代前半で、タイには6年とかいってましたが、最近、ナナで中古コンドミニアムをバカ安で買ったそうです。日本人と違って白人はナナの喧騒が大好きですから、それも頷けます。

ところで、タイ語は私よりも全然うまいのですが、英語はまだ私の方がちょっとうまいかなと思います。大学では英語で教えているらしいのですが、ロシア人らしくちょっとややこしいところがあるので、あまりプライベートな話はしないようにしています。

そしてゴルフの腕は似たり寄ったりなこともあり、今朝は「おお、久しぶり!」みたいな感じで一緒にラウンドしてきたわけですが、結局、スコアは私が107で、彼が105と似たようなものでした。彼は大学で教えるというのは毎日でなくて、休みの時はいつもこの海軍のコースに来ているようです。

さすが海軍、水、水、水ばかり

ここのコースはとにかくトックナーム(池ポチャ)とOBに泣かされるので、100切り達成の友人たちもあのコースは結構難しいといいます。実は私も今日は5回もトックナームでボールを5つもなくしたし、3回のOBでスコアはボロボロでした。

いつも私が行くチャチェーンサーウのロイアルレイクサイドゴルフクラブであれば、OBもないし、池ポチャもそれほどでもないので、むしろこちらの方がスコアもいいのですが、とにかくこの海軍パブリックコースはコントロールショットができないとどうにもならないのです。

しかし、思い立ったらすぐに車で15分か20分で行けるという身近なところが魅力なのですが、さすが海軍のコースだけあって、この池だらけのコースはコントロールショットが下手な私のようなゴルファーには難関なのです。

パブリックだけにワクチン接種をしてなければプレイ不可

話をもとに戻しますが、今朝、ロックダウン以降、久しぶりにこの海軍パブリックコースに行ったわけですが、料金所でワクチンを2回接種してないとプレイできないといわれました。

そんなこととはつゆ知らず、いつものように飛び込みで8時前にクラブハウスに着き、18ホールのコース料金を払おうとしたら、ワクチン接種済のモープロームを見せろというのです。そこで、携帯電話は車の中に置いてきたし、面倒くさいのでワクチンは接種したがそんなの持ってないというと、それならここではプレイできないといわれました。

つまり、10月1日からロックダウンが規制緩和されたものの、ワクチンを接種してなければゴルフもやらせないというこの差別です。

確かにバンナーというミッドタウンにありながら、18ホールのプレイがグリーンフィーとキャディーフィーでたったの650バーツ(2,000円)と、日本なら1時間のバッティングセンターより安いだけに、パブリックコースはいろいろと規制が厳しいのだろうと思います。

私としてはここでぐちゃぐちゃいっても仕方がないので、また車まで戻り携帯を持ってきてモープロームを開き、アストラゼネカを2回接種済という証明書を見せたのですが、係の人はその承認番号と私の携帯電話番号を書き写してからプレイ可能にしてくれました。

そこで思ったのが、これからもいろいろと差別されて不便なことが起こるのではタイ生活も不自由なので、やはりワクチンを打っておいてよかったということです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました