決定まであと1週間、誰が日本の次期総理に?

河野太郎氏の英語について

ウイキペディアで彼の経歴を見ると、河野氏は現在58歳で、1981年からアメリカに行き、1985年にジョージタウン大学を卒業したとのこと。

年齢は私の方が少し上ですが、実は私も同じ頃、アメリカに留学していました。ちょうど日本のバブル経済が始まる前で、エズラ・ボーゲルのJapan as No.1などという本がベストセラーになったりして、日本経済がいよいよ世界でその存在感を高めてきた頃であり、二人とも同じような時代背景の中でアメリカで英語を覚えたわけです。

そこで、今回の総裁候補としての彼について、個人的に私が思っていることを少し書こうと思います。

日本では、河野氏の英語は国会議員の中ではダントツに上手だとの評価が高く、実際、あの言い回しや発音は私なんかよりずっとうまいと思うし、原稿なしであれだけ思ったままのことをスピーチできる政治家は、今までにほとんどいなかったのではないかと思います。

そして、国際政治において通訳なしで各国首脳と議論ができるというのは、日本の首相として相当な強みであり、もし彼が総理になれば、確かに日本のプレゼンスはもっと上がるかもしれません。

しかし、彼の日本での記者会見やそのほかのスピーチをテレビ等で見ると、その態度が随分威圧的だとか、上から目線で横柄にものをいうという印象を持ってしまい、いささか嫌悪感を感じている人は私だけでないと思います。

実は、これは彼の英語のスピーチでも同じです。確かに彼が英語でしゃべる時はアメリカ東部でよく聞く発音で流暢に話しているのですが、よく内容を聞いていると、内容によってはストレートすぎるし少し鬱陶しいと感じるのです。

日本人ははっきりものをいわないのでわかりにくいとよく外国人からいわれますが、だからといって、彼のようにこれだけ流暢にしゃべり、しかもストレートに自分を主張されると、外国人の間でも嫌う人が多いのではないかと思うし、必ずしも彼の英語力が有利とは思えません。

誠実さが感じられればジャパングリッシュで十分

これが、同じように原稿なしでスピーチをしていた安倍元首相のように、典型的なジャパングリッシュでありながら、的確にいうべきことを伝えていた英語の方が誠実さを感じるし、誰も嫌悪感も持ちません。

それに、実際、安倍首相の英語はわかりやすく結構上手です。これだけ話せれば、日本の首相として十分なのではないかと私は思います。特に、英語を第2外国語とするアジア諸国や東欧の人達にとっても、ネイティブがまくしたてる英語の方が難しいので、むしろ、彼のようなクリアな英語の方がよりわかりやすく、双方が理解しあえるというメリットがあります。

経済大国ほど海外折衝は重要

もっとも、やはり国際政治の場では、プラユット首相のようにどんな時でも通訳を通してタイ語でまくしたてるというのでは話になりませんが、そういう意味ではまだインラック前首相の方が英語も堪能で、少なくとも対外折衝はうまかったのではないかと思います。

ところで、このところのプラユット首相のインタビューを見ると、クーデター当時の初々しさは消え、海外のメディアに対しても随分高飛車というか、横柄な態度が目につくのですが、次第に軍事政権の爪を表してきたという感じです。

そこで私が感じたのが、もし河野太郎氏が総理大臣になったら、結局は今のプラユット首相のようになるのではないかという危惧であり、そういう意味では、どちらの方がいいと思っているかはここで書きませんが、少なくとも高市氏か岸田氏の方が新総理として相応しいのではないかと思うのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました