プーケットのサンドボックス、実態は何の恩恵もなく最悪の状況!

10月1日のサンドボックス開始を目指すパタヤ

The so-called ”Pattaya Moves On” tourism sandbox remains on track for reopening on Oct 1 as confirmed by the Tourism Authority of Thailand (TAT) and the Tourism and Sports Ministry.

パタヤ・ムーブオンと呼ばれるサンドボックスは、計画通り10月1日スタートを目指しているとTAT(タイ政府観光局)と観光スポーツ省が確認

Bangkok Post

しかし、昨日のTATと保健省の会議の結果、現在計画に上がっている5県はどこもワクチン接種率がまだ70%に達成してないことから、10月1日はやはり無理で11月1日に延期ということになりそうだということです。

従って、どうやらパタヤも延期になりそうです。しかし、パタヤはサンドボックスによって外国人観光客が呼び戻せると非常に期待しているようで、できるだけ早く実行に移したいということです。

しかし、これは私の個人的な考えですが、プーケットよりもさらにナイトライフに依存しているパタヤにそれだけ多くの外国人がくるかというと疑問です。

正直、パタヤの海はきれいでもないし、観光名所というのもそれほどないしで、ウォーキングストリートに代表されるナイトライフが閉まったままでは、外国人がサンドボックスでわざわざパタヤに遊びに行く意味があまりないようにも思えます。

プーケットの状況はTAT(政府観光局)が宣伝するのと反対でむしろ悪化

私はエクスパット専門のオンラインニュース、Thaigerのビデオをよく見るのですが、ここのレポーターが2週間プーケットでバケーションを過ごして帰ってきたところで、今のプーケットの実態について次のようにインタビューに答えていました。(https://www.youtube.com/watch?v=1fKLAwoG5ME

サンドボックスがプーケットの地元経済に恩恵を与えているというのは間違いであり、実際には相変わらず悲惨な状態が続いている。
プーケットではまだほとんどの店が閉まったままで、ビーチに行っても2割ぐらいしか店が開いてないし、ローカルエリアはほとんどの場所で厳しい規制が敷かれており、観光客は訪ねていけない。
従って、賑やかなトロピカルパラダイスを期待してプーケットに行くと、きっと退屈で失望する。
敢えていえば、サンドボックスで恩恵を受けているのは一部の大きな高級ホテルぐらいであり、地元紙の記者に聞いたところ、むしろプーケットの状況はサンドボックス開始前より悪化しているということだった。

TATの報告は疑問

さて、サンドボックスが始まってちょうど2か月がたった9月の初め、プーケットには2か月間で28,000人もの外国人観光客がやってきた結果、16.34億バーツ(約57億円)もの経済効果があったとTATが自画自賛してはやし立てていました。

これに対し、Thaigerがそのコメントで、これだと観光客1人あたり58,000バーツも使っていることになるが、大半がカップルか家族連れで来ている観光客にとって、これは大変な出費になる。この計算の仕方はどうも怪しいと指摘していたのですが、私もそう思いました。

もっとも、この辺はいかにもタイ政府らしく、経済効果というのは計測の仕方がはっきりしないこともあって、実際の数字にかなり盛って伝えていたということだと思います。

結局はナイトライフとエンターテインメントが救世主!

Nearly all local merchants agree that money won’t really start flowing until the alcohol starts flowing. Nightlife and entertainment venues lift up the local economy as holiday-makers want to go out at night, eat food, drink beer and cocktails, dance to music, relax and party.

(プーケットの)地元業者のほとんどは、アルコールの販売が規制されている限り、観光客はお金を使わないと考えている。つまり、ナイトライフとエンターテインメントがあってこそ、バカンスで来た観光客が夜に出かけて食事したり、飲酒やダンスなどでリラックスしパーティなどでお金を使うのである。

Thaiger

このコメントからもわかるように、結局はリゾート経済の救世主ともいえる肝心のナイトライフがリオープンしない限り、サンドボックスだけではほとんど恩恵をもたらさないのです。

従って、パタヤも調子のいいTATの甘言になど騙されず、ナイトライフ抜きのサンドボックスに過剰に期待しない方がいいと思うし、無理してリオープンすると返って感染爆発などのリスクの方が大きいような気がします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました