これからのタイ生活でのニューノーマル、“モープローム”

デジタル証明がないとタイ生活も困難に

กพท.ผนึกสมาคมสายการบินฯ-สธ. พัฒนาแอพพลิเคชั่น “หมอพร้อม” อำนวยความสะดวกเดินทางทางอากาศ แค่โชว์แอพก็ขึ้นเครื่องบินได้ ลดความยุ่งยากในการเตรียมเอกสารฉีดวัคซีน-ผลตรวจโควิด รองรับเดินทางแบบนิวนอร์มัล ส่วนสิ้นปีนี้จะส่งข้อมูลหมอพร้อมส่งตรงเข้าระบบจองตั๋วทันที

  CAAT(Civil Aviation Authority of Thailand)とタイエアライン協会は、タイ保健省と飛行機への搭乗時に見せるだけで感染チェックがすむアプリであるモープロームの開発に同意した。これにより、モープロームにすべての情報が記載されるため、今までのようにワクチン接種やPCR検査結果に関する紙ベース証明書の手配が不要となり、これからはモープロームを見せることが旅行のニューノーマルとなる。なお、年末までには航空券の予約時にエアライン各社の予約システムにモープロームの情報も自動的に入るようになる。

ターンセータギット

つい先日、「10月からワクチン証明か陰性証明の提示が必須!」と題して書いたところですが、来月からはレストランやマッサージ店で証明書が必要となりそうです。こうなると、普通の生活をするのにおいても、いろいろと面倒になってきますが、もっと面倒なのは、今後、飛行機や長距離バスに乗る際にもグリーンカードや検査結果の証明書が必要になることです。

これに対し、昨日のニュースでCAATとエアライン協会がタイ保健省と協力してモープロームを航空機の予約、搭乗時のチェックインに使うことで合意したという記事が出ています。

国内移動だけでなく海外からの入国でも必要

これが現時点のモープロームですが、Vaccine Covid-19 Certificateで2回のワクチン接種済証明、ATKの検査結果(有効期間1週間)、ワクチン接種状況や副反応の有無等が記載されるようになっています。

しかし、地方の農民などはスマートフォンを持ってない人も結構いるので、そういう人はどうするのかわかりませんが、これから生活がかなり不便になると思います。もっとも、田舎の場合、そんなの気にしないで自由にどこにでも出入りするのかもしれませんが…。

ワクチン接種のID番号でしか入れない外国人

ところで、私もあれこれ自分のモープロームをチェックしてみた結果わかったのは、タイ人は誰でも自分のID番号でモープロームで自分のページを作成でき、そこにATKテスト結果や過去に感染した場合の履歴等が入るのですが、我々外国人は、少なくとも1回はワクチンを接種しないとこのアプリに入れないようです。

そのうち、アプリが改良され、外国人にもどうしてもワクチン接種をしたくない人もいると思うので、その場合はワクチン接種をしていなくても、毎週ATKテストをしてその結果をここに入れてもらえることができるようになるのだろうと思います。

しかし、それではいろいろと不便だと思うし、毎週ATKテストをしていても、海外から戻ってくる場合は、モープロームにワクチン接種済の証明が入ってないと、やはり今までと同じく15日間の隔離検疫が課されると思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました