いよいよ来年1月、タイ全土で隔離検疫なしに!

タイ全土開国準備開始

タイ旅行スポーツ省は、来年1月からの隔離検疫なしでの外国人観光客受入を目指すと発表しました。もっとも、これにはワクチン接種が目標に達することが前提条件になっているので、まだ確定というわけではありませんが…。

しかし、サンドボックスみたいに中途半端な隔離検疫が残っていたのでは、いつまでたっても外国人観光客は以前のようには増えません。

それに、今のタイ経済の窮状から見ても、現時点ではワクチン接種以外、他に有効な手段がない以上、半強制的にでも国内でのワクチン接種を強力に押し進めて目標の70%の接種率を達成した時点で、リスクは覚悟で外国人観光客だけでなく国内の他の経済活動も平常化させるしかないだろうと思うのです。

バンコクはサンドボックスを11月に延期

一方で、政府ニュース局の今回の発表は以下の通りで、バンコクの7+7サンドボックス計画は延期となりました。

Minister Phiphat Ratchakitprakarn said Bangkok was scheduled to reopen in October, as part of the second phase, but this phase has been delayed to November as the majority of residents will not receive their second vaccine dose until the end of October. Meanwhile, Chiang Mai, Prachuap Khiri Khan (Hua Hin) and Chon Buri (Pattaya) will go ahead as planned on October 1st.

ピパット旅行スポーツ省大臣は、サンドボックス計画の第2弾としてバンコクも10月に外国人旅行者に開かれる予定であったが、これは11月に延期となった。というのも、大半のバンコク住人がまだワクチン接種を終えておらず、それには10月末までかかりそうだからである。一方、チェンマイ、フアヒン、パタヤについては、10月1日からサンドボックスをスタートする。

タイ国ニュース局

また、旅行スポーツ省とタイ観光局との打合せ結果、10月15日からはさらに多くの県がサンドボックスに追加される予定で、その結果、合計25の県がこの7+7サンドボックス計画に参加することになります。

ただし、最初はPhuket, Samui, Chiang Mai, Chon Buri, Prachuap Khiri Khan, Phetchaburiのうちのどこかで、7日間過ごさなければなりません。

まずレッドリストから除外されなければ!

“As Thailand is still recording daily caseloads of more than 10,000 and was downgraded to the red list for some target markets, the number of tourists this year might not exceed 300,000,” he said. “However, if Thailand can return to the safe list this month, there are promising signs in the last quarter we can hope for 1.2 million travellers.”

ピパット大臣によると、タイは現在も1日に1万人以上の感染者を出していて、外国からレッドリスト(危険国)に入れられていることから、今年の観光客は30万人以下になると予想される。しかし、もしタイが今月にもセーフリスト(安全国)に戻されれば、第4四半期は120万人の旅行者が見込めるとのこと。

バンコクポスト

さて、これについては「英国観光客の予約キャンセルと早期帰国ラッシュ!」でも書いたように、つい先日、英国政府によってタイがレッドリストに入れられた瞬間、予約が全部キャンセルになっただけでなく、プーケットに到着したばかりの英国人観光客でさえもそそくさと旅行を切り上げて帰国してしまいましたが、それだけレッドリスト入りはタイにとっても恐ろしいことなわけです。

特に、プーケットのサンドボックスでは国別で米国と英国からの観光客がもっとも多いということであり、今のように英国にレッドリストに入れられてしまっている以上、タイが一方的に国を開国したところで、英国人観光客はタイにはやってきてくれません。

とにかく速くワクチン接種が進み、感染者も激減して英国政府にセーフリストに移してもらえることが先決問題です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました