10月からワクチン証明か陰性証明の提示が必須!

現在は一時的なペンディング期間に過ぎない

昨日のブログでも書きましたが、9月1日から始まったロックダウン緩和でも、当初政府はワクチン証明書の提示を義務付ける予定であったのですが、この絵のように土壇場になって9月中は当面、ペンディングにするということになりました。

そのおかげで、緩和後最初の週末となったこの土日は、メガバンナーへの入口近くなどではかなり遠くから渋滞ができていて、敷地内に入るだけでも相当な時間がかかるほどでした。

昨日、IKEAに行こうとしていた私なんかはもううんざりして、途中であきらめてその先のMAKROメガストアに行ったのですが、そこもまた多くの人がきていて、この週末はどこも大勢の買い物客で賑わったのだろうと思います。

しかし、やはり現在の規制緩和はあくまで一時的なもののようで、今日のバンコクポストによると、タイ政府は10月1日からレストランやマッサージ店への入店には、ワクチン証明書か1週間以内に行われたアンティジェンテストでの陰性証明、もしくはコロナに感染したことのある人の場合は回復したという記録の提示を義務化するようです。

感染リスクのあるところへの入店履歴登録

Starting Oct 1, only those who have been fully vaccinated against Covid-19 or have a negative antigen test result will be allowed to dine-in at restaurants and seek out services deemed a high risk for virus transmission in “dark red” provinces, where maximum Covid-19 restrictions apply.

10月1日以降、最も規制が厳しいダークレッドゾーンでは、ワクチン接種が2回終わった人か、アンティジェンテストが陰性であった人だけが、レストランで食事ができたり感染がハイリスクのサービスを受けられることになる。

Bangkok Post

さらに、お客がこういう場所に入る際には、以下のように政府の用意したアプリでも入店を事前連絡する必要があるようです。

Customers will be required to fill in a form detailing their infection risk through the government’s “Thai Save Thai” app before entering premises which are considered high-risk venues, which include restaurants, barber shops and hair salons, beauty clinics and spas.

お客が感染リスクのある店に入る場合、事前に政府の”Thai Save Thai”というアプリに感染リスクのある店に入ることを登録しなければならない。これらにはレストラン、理髪店、美容室、ビューティクリニックやスパなどが含まれる。

Bangkok Post

政府のワクチン強制は相当厳しい

昨日のコラムで、タイ政府がリタイアメントビザの更新でワクチン証明を求めてくることを欧米人リタイアリーたちが心配していると書いたところですが、来月からレストランに入るぐらいでここまで厳しく縛ってくるのであれば、やはりイミグレーションがいつビザ更新にはグリーンカード必須といい出しても何らおかしくないように思います。

ところで、10月1日から証明書が必要といわれても、それでも大半の人はまだグリーンカードは入手出きてないはずで、その場合はアンティジェンテストキットの陰性証明を入手することになり、いろいろと手続きが面倒になりそうです。

ちなみに、1回でもワクチンを打った人は、モープロムという政府のアプリを携帯にダウンロードして自分のワクチンIDを登録すれば、自分のページが作成されます。そこでもし、ワクチン接種をしたのに自分のグリーンページでそれが載ってなければどこかでミスが起こっている可能性があるので、早目に確認した方がいいです。

実は私も先日登録したばかりですが、これが終わると、私のページには1回目の接種日が自動入力されていました。そして、来月2回目の接種を終えればまた自動的に更新され、多分、これが2回のワクチン接種証明、いわゆるグリーンカードになるということではないかと思います。

ただ、残念ながらモープロームの英語版はないようで、タイ語が読めないとちょっと内容の理解が面倒かもしれません。その場合、タイ人に助けてもらうか、ある程度字が読める人なら自分でもゆっくり時間をかければ何とかなると思います。

何しろ、これを持っていれば、レストランやマッサージ店だけでなく、飛行機やバスにも乗れるし、ビザの更新や日本に一時帰国した後にタイに戻ってきた際に、隔離検疫なしで入国できるようになるはずなので、将来どうしても必要なトゥールになってくるはずです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました