英国観光客の予約キャンセルと早期帰国ラッシュ!

サンドボックス計画の危機

明日の月曜日を持って、英国はタイをコロナ感染危険国であるレッドリストカントリーに指定すると発表しました。

これに伴い、英国からのサンドボックスを利用した観光客はほとんどすべてが予約キャンセルとなっただけでなく、プーケットなどについ数日前に着いたばかりの観光客でさえも、急遽バカンスを中止し帰国の途についています。

というのも、月曜以降にタイを出国する人は、たとえ英国人であっても10日間のホテルでの隔離検疫が課されることになるからです。そして、英国はホテル代が非常に高いので、この隔離検疫だけで2,200ポンド(約35万円)もの費用がかかるのだそうです。

結局はワクチン接種の遅れが原因

こういうことになった理由としては、ワクチン接種の遅れと感染者急増というのが英国政府の説明のようです。

しかし、タイ側からすれば、サンドボックスで隔離されているプーケットなどではこれまでに25,000人以上の外国人観光客がきて、その内わずか75人の感染者しか出てないことから、実際には感染リスクは低く抑えられていて安全なのだそうです。

とはいっても、英国政府としてはプーケットやサムイだけは例外的にレッドリストから外すということはできないのだろうとも思います。

ところで、タイの場合、観光客は旅行の1か月以上前にタイ政府からCOE(入国許可)を取る必要があります。従って、将来の再審査でタイがレッドリストから外れてまた英国から観光ができるようになったとしても、英国政府によってしばしば変更が行われることを考えると、英国人観光客は旅行の直前になってから行き先を決めたいという人が多くなり、多くの場合、タイは今後、選択肢からはずれることになりそうです。

やはり、タイ政府はできるだけ早く国民全体のワクチン接種率を目標の70%以上に上げて、国全体を開国するだけでなく、諸外国からも安全なレベルと認められるようにならないと、観光客数は今後も増えないということだと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました