アストラゼネカ、英国の研究でわかってきた副反応の実態

英国の研究結果わかったこと

昨日のBBCニュース・タイで、AZ(アストラゼネカ)に関する英国での臨床研究の結果が載っていましたが、私もAZを打ったので、興味があり読んでみました。

また、日本でもファイザーが不足した結果、急遽AZを接種することが決まったようですが、特に50歳以下の女性の方は、この副作用のことを知っておいた方がいいのかもしれません。

さて、以下はAZの第1回接種後30日以内に血栓を起こした英国人220人に対し、その後の経過を観察したもので、AZの副反応に関するこれまでにない調査結果です。

ทีมนักวิจัยจากหลายสถาบันการแพทย์ของสหราชอาณาจักร เผยผลการศึกษาล่าสุดในวารสาร New England Journal of Medicine (NEJM) โดยชี้ว่าการเกิดลิ่มเลือดซึ่งเป็นผลข้างเคียงหลังฉีดวัคซีนแอสตร้าเซนเนก้าเข็มแรก สามารถก่อความเสี่ยงที่จะทำให้ผู้เกิดอาการเสียชีวิตได้สูง แม้แต่ในคนอายุน้อยที่มีสุขภาพแข็งแรงและไม่มีโรคประจำตัวมาก่อน

最近、英国の研究者たちがニューイングランド薬品ジャーナルに寄稿した研究結果によると、アストラゼネカの第1回目接種の副反応として知られる血栓は、健康な若者にも発生し、極めて死亡率が高いことがわかった。

BBCニュース・タイ

ผลวิจัยพบว่าในหมู่ผู้รับวัคซีนที่มีอายุต่ำกว่า 50 ปี จะมีโอกาสเกิดลิ่มเลือดได้ราว 1 ใน 50,000 คน ซึ่งนับว่าเป็นอัตราการเกิดผลข้างเคียงที่น้อยมาก อย่างไรก็ตาม ผู้ที่มีลิ่มเลือดตามลักษณะของกลุ่มอาการ VITT หรือภาวะเลือดออกง่ายจากเกล็ดเลือดต่ำและลิ่มเลือดอุดตันหลอดเลือดนั้น ได้เสียชีวิตไปราว 23% ของกลุ่มตัวอย่างทั้งหมด
ในกรณีของผู้ที่มีกลุ่มอาการ VITT อัตราการตายจะพุ่งสูงขึ้นไปถึง 73% หากมีปริมาณเกล็ดเลือดต่ำมาก และมีภาวะเลือดออกในสมองร่วมด้วย

研究結果わかったのは、AZのワクチン接種を受けた50歳以下の人の場合でも、5万人に1人に血栓が発生と確率が極めて低いことである。ただし、これでVITT(ワクチン誘発性免疫性血栓性血小板減少症)を引き起こした人は死亡しており、全サンプル220人の23%が死亡した。
また、VITT症候群のある人で血小板数が少ないと、脳出血で73%の確率で死亡することがわかった。

BBCニュース・タイ

さらに、別なところでは以下のような報告もあります。

AZ副反応発症者の大半が、それまで健康であった20~50歳の女性であった。症状としては,重度の頭痛,腹痛,悪心・嘔吐,視覚の変化,息切れ,下肢の疼痛および腫脹などが,COVID-19ワクチン接種の4~20日後に認められていた。

MSD Manual

タイでも10日ほど前だったと思いますが、第1回接種を中国のシノバックを接種し、2回目をAZにした30代の女性が、その晩、嘔吐と頭痛、高熱に見舞われ、家族が翌朝見に行ったらもう死んでいたという事件がありました。彼女の場合、血栓が肺に飛んで死んだようですが、やはりこのようにまれに起こるのです。

AZは高齢者ほど副反応リスクが低い

เมื่อช่วงต้นเดือน พ.ค.ที่ผ่านมา คณะกรรมการร่วมว่าด้วยการให้วัคซีนและสร้างภูมิคุ้มกัน (JCVI) ของสหราชอาณาจักร ได้แนะนำให้เสนอวัคซีนทางเลือกอื่น ๆ นอกเหนือจากแอสตร้าเซนเนก้าแก่คนอายุต่ำกว่า 40 ปี หลังมีรายงานเรื่องการเกิดลิ่มเลือด ซึ่งแม้จะพบได้น้อยแต่ก็เกิดขึ้นกับคนวัยหนุ่มสาวเป็นส่วนใหญ่ 
อย่างไรก็ตาม ผู้เชี่ยวชาญบางรายมองว่าสามารถจะให้วัคซีนแอสตร้าเซนเนก้ากับผู้ที่มีอายุต่ำกว่า 60 ปีได้ ในสถานการณ์ที่อัตราการแพร่ระบาดของโรคโควิด-19 ยังคงพุ่งสูง

5月初めに、英国のJCVI委員会は、血栓が起こるのはほとんど若い人であったことから、40歳以下の人に対してはAZ以外のワクチンを接種することを推奨している。一方、専門家は現在のように感染が急拡大する中にあっては、60歳以下の人に対してもAZを接種するべきといっている。

BBCニュース・タイ

以上からわかるのは、高齢者ほどVITTを発症して死亡するリスクは低いということであり、特に60歳以上の人であれば、リスクはないというのが専門家の意見です。

ただし、たとえ5万分の1の確率でも怖い人は、もし選べるのであれば、やはりmRNAのファイザーかモデルナが打てるようになるまで待った方が安心できるかもしれません。もっとも、mRNAもアメリカで多くの女性から生理不順とか発熱が続くとかいろんな副反応が出ていることが報告され、こちらも女性には副反応があるようで、最近、アメリカのCDCが調査を始めたので、mRNAも完全ではないようですが…。

ところで、AZは第1回目の接種で問題なければ2回目の接種でVITTになるということはないようで、AZ接種者は第1回接種を終えて30日を経ても、先に挙げたような症状が何も出てなければもう心配はいらないということなのだろうと思います。

なお、カナダなどでは第1回目をAZで、そして第2回目をmRNAでワクチン接種することを推薦しています。また、別の研究では、ファイザーなどのmRNAだけを2回打つよりも、第1回目をAZとして2回目をmRNAと違った方式のワクチンを組み合わせる方が、より有効性が高いという研究結果も出ているようです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました