60歳以上の日本人、アストラゼネカ接種のファイナルコール!

タイ領事部からの最終通知

The Consular Affairs Department has asked foreign residents aged 60 and over to register for Covid-19 vaccination quickly because authorities will move on to other groups soon.

タイ領事部は、間もなく別のグループへの(アストラゼネカの)ワクチン接種を始めるので、60歳以上の在タイ外国人で接種を希望するものに対し、直ちにワクチン接種登録をするように公告した。

この接種登録の方法については、以前「急げ60歳以上の日本人、アストラゼネカ無料接種開始!」で書いたのでここでは省きますが、昨日、アストラゼネカからタイ国民宛に出された以下の手紙を読んでみても、その生産工程の複雑さから、今後も月間500万から600万接種分しか供給できないということなので、今後、60歳以下のタイ人や外国人にも接種し始めると、全然不足することになるかもしれません。

従って、60歳以上の邦人でワクチンを受けるつもりの人は、優先権のある今のうちに受けておいた方がいいです。

アストラゼネカからの手紙

訳:我々のワクチンはバイオロジー製品であり、生きた原料を育てることから始まるので生産工程が複雑である。従って、まだ量産を始めたばかりということもあり、毎回いくらの量のワクチンを製造できるかはっきり予測できない。しかしながら、現在の見込みではタイ国内向けに月間500万から600万接種のワクチンを生産できると見ている。

また、この手紙には以下のようなことも書いてあったので、たとえ第1回目接種だけであっても、先日「東南アジアで荒れ狂うデルタ株、どのワクチンが守ってくれる?」で紹介した英国の71%という研究結果よりもっと高い有効性が期待できるのかもしれません。

New data from Canada shows that one dose of our vaccine is 87% effective against hospitalisation or death caused by the Delta variant.

最新のカナダの研究結果、アストラゼネカを1回接種しただけでも、デルタ株に対する入院や死亡を防ぐ有効性は87%であったと報告されている

Letter from Astra Zeneca

モデルナは多くの予約者に予約金を返還

昨日のターンセータギットに載っていた記事ですが、これについては既にこのブログでも書いたように、大きな病院で申し込んだ人の多くは割り当てられるワクチンが少なくて、予約金の返還になるということです。

また、タイ政府が契約したファイザーも、一部は今月から入ってくるようですが、医療関係者のブースター接種に優先されるようなので、一般の人に回ってくるのがいつになるかははっきりしません。

こんな状況なので、私はやはりアストラゼネカを接種した方がいいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました