タイ王国開国までに残された時間はあと95日

状況は悪化する一方

プラユット首相が、タイ経済はもうこれ以上の不況に耐えられないので、なんとしても120日以内に外国人に国全体を開国すると宣言してから早くも25日が経ちました。

従って、残された猶予はあと95日ということになりますが、あれから事態はさらに悪化し、1日の感染者が1万人近くも出るようになった今、バンコク首都圏では明日からロックダウンが始まるような状況です。

しかもほとんどシノバックでしかワクチン防疫してないタイ国民の間では、開国後は瞬く間に感染爆発が起こるかもしれず、そんな中で果たして開国などできるのかという不安もあります。

世代がわかってしまいますが、私がまだ少年だったころに大ヒットした松本零士氏の宇宙戦艦ヤマトの「人類絶滅まであとXXX日」というのを思い出してしまいました。つまり、こんな状態で開国するので本当に大丈夫なのかという意味でさすがに絶滅は大袈裟ですが、ここまで来たらもうどうなるかやってみるしかないとも思います。

一方、プーケットで始まったサンドボックスも、既に3人の外国人旅行者に感染が見つかり、ローカルの住民もこの3日で28人が感染しています。しかも、悪いことに怖い変異株であるベータ株とデルタ株が見つかったということで、今後はもっと感染者が出てくると思います。

その場合、プーケット住民の70%がワクチン防疫しているといっても効き目のないシノバックですから、アルファ株なら何とかなっても、ベータ株とデルタ株に対しては無傷でいられないと思います。

感染拡大はもう避けられない

ところで、以前「結局、外国人観光客は来なかった (特別観光ビザ)」で書いたように、タイの政府観光庁(TAT)はやたらと前向きで楽天的なことばかりいうので、彼らの報告もあまり信用できないところがあるのですが、プーケットのサンドブロック計画が曲がりなりにも成功し、観光客が次第に戻ってくるようになれば、この開国プランにそって少なくともサムイやグラビのような島は海で人の流れを仕切れるので広げていくべきと思います。

しかし、陸続きのバンコクやパタヤ、チェンマイはそうはいかず、周辺や地方への感染拡大は避けられないと思います。今夜からのロックダウンで、警察はバンコクで88か所の検問所を設置して域外への移動を取り締まりますが、こんなのを1年中やるわけにはいきません。

開国しても外国人の方が来ない?

一方で、イギリスでは感染リスクの高い国として、既にタイを旅行禁止国に指定していますが、あれから状況がさらに悪化する中、ここでいくらタイが開国したところで、ワクチン接種を済ませた日本人や他の外国人旅行者がホイホイとタイにやってくるかというと、これも大いに疑問です。

もし私が一般観光客であれば、いくら日本でファイザーを接種済であったとしても、これだけ感染拡大が続くタイに遊びに来ようという、わざわざ火中の栗を拾うようなことをしようとは思いません。もし海外で感染した場合を考えると、既に医療崩壊を起こしつつあるタイではどうにもならなくなるからです。

タイの鎖国などもう意味がない

この表を見てもわかる通り、タイはもう、以前のようにもったいぶって鎖国をしているような状況にはありません。何しろ、他の国より危険なわけなのですから、さっさと開国して、欧米や日本の先進国に対して、タイは危険国ですけどワクチン接種済の人はどうか遊びに来てくださいと、逆に頼んで回るような立ち位置になっていると思うのです。

そういう意味で、プラユット首相の120日以内に開国するという宣言は撤回してほしくないと思うし、タイ経済のことを考えても、もうイチかバチかまずはやってみるしかないように思います。

ちなみに、数日前、主にファイザーを国民に接種してきたシンガポールは、シノバックを接種していてもワクチン接種済とは見なさないということで、事実上中国からの旅行者を拒否するようなアナウンスを出しました。

一方、プラユット首相はシノバックばかり買って国民に接種した結果、不利な立場になってしまっているわけです。つまり、シンガポールから見れば、タイはワクチン接種がほとんど進んでない国ということになり、今後トラベルバブル(相互の国で旅行者の規制を緩和する協定)を行うのも難しくなっています。

コメント

  1. 西尾 より:

    タイのコロナ感染状況は加速度的に悪化していますね。
    下記はブルームバーグが、毎月、公表しているランキングですが・・・タイの順位は悪化する一方です。
    https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2021-06-28/QV7700DWLU6E01
    日本では明日から東京に4度目の緊急事態宣言が出ますが、都民に危機感は感じられません。
    ワクチン接種が進み、高齢者が感染する人数が急激に減少し、重症者の発生が減少してることが要因でしょう。
    タイの新規感染者数は来週にも1万人を超えて、死亡者も100人以上になりそうです。
    第二のインド、インドネシアと言われ、大惨事の瀬戸際に立っています。

    • 今夜からロックダウンが始まるので、少し食料品の買い置きをしておこうとスクムビット39のフジスーパーに行ってきたのですが、のんびりしたものでした。昨年はパニックで食料品が何もかもなくなってお酒も半分くらい売れていたのですが、今回は慣れたのかほとんどパニックしていません。
      レストランなどの飲食業界やマッサージショップなどは、今回は政府の愚策に対して怒っていて、今後はプラユット下ろしの動きが止まらなくなるのではないかと思います。

タイトルとURLをコピーしました