大人気のモデルナワクチン、500万接種分はわずか3日で予約終了

前回、モデルナワクチンが10月に有料で接種できると報告したのですが、最初のロット500万接種分は、知らない間にわずか3日で予約終了となってしまいました。

ほとんどがタイ人の予約だったようですが、やはり、命がかかっているので3,800バーツなら安いものだとタイ人も思うのでしょう。

ちなみに、バーレーンのように国民の50%以上がWHOが認可したシノファームのワクチンを2回接種したのに、感染者と死者が急増中で、今は仕方なくファイザーを3回目のブースターショットとして打ち始めているというニュースがある中、今日のニュースではシノファームをタイで有料で接種しても、保険料やサービス料を含めると2,000バーツ以上になるようです。

そんなのなら、やはりmRNA方式のモデルナの方が全然お買い得ということにもなりますが、次が今回のモデルナ予約終了についての記事です。

นายแพทย์บุญ วนาสิน ประธานกรรมการ บริษัท ธนบุรี เฮลท์แคร์ กรุ๊ป จำกัด (มหาชน) หรือ THG ได้เผยว่า “วันนี้ดีใจที่คนไทยอยากฉีดวัคซีน เพราะนอกจากจะช่วยสร้างภูมิคุ้มกันให้กับตัวเองยังสร้างภูมิคุ้มกันให้กับประเทศ หลังจากที่เปิดให้ลงทะเบียนแสดงความจำนงในการจองฉีดวัคซีน”โมเดอร์นา”ไป พบว่า 3 วันมีคนมาลงทะเบียนกว่า 1.5 ล้านคน ทำให้ต้องปิดรับลงทะเบียน ” 

トンブリヘルスケアグループの会長、ドクターブーン氏は次のようにアナウンスした。「今日、多くのタイ人が(モデルナの)ワクチン接種を希望していることを知ってうれしい。接種した人に免疫ができるだけでなく、タイ全体にとっても免疫を持つ人が広がるわけで、よいことである。モデルナ接種希望の登録開始と同時に150万人以上から予約が入ったため、わずか3日で予約終了とするしかない状態であった。

คมชัดลึก

以前、「ワクチン外交の失敗!中国ワクチンは効かない」で3回にわたって書いたように、中国当局自身が自国のワクチンは、特に変異株にはあまり効かないと認めていて、それもあって、バーレーンやアラブ首長国連邦では中国ワクチンが効かないのかもしれません。

いずれにせよ、これから中国もメッセンジャーRNAワクチンを研究開発するといっていますが、そういう意味でも、ファイザーとモデルナのmRNAワクチンが現時点では最も有効なようです。

さらに、昨日のBBCタイのコラム記事を読むと、バイラルベクター方式のアストラゼネカでさえも、結局変異株に対してはmRNAワクチンほど効果は強くなく、ここでもmRNAワクチンの有効性の方が高いと証明されています。

これからも変異株が次々と出てくるといわれていていることもあり、今はできるだけ安全で有効性の高いワクチンを打っておく方がいいと思うので、私は次のモデルナの予約の時には何とか申し込んで、10月の接種を待とうと思っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました