WHOが急遽シノバックを緊急使用で認可!

突然ですが、WHOがシノバックを認可しました。つい1週間ほど前にはデータ不足ということで一旦認可を見送ったばかりでありながら、急遽ひっくり返したわけです。世界でワクチンが不足する中、COVAXに入れるために見切り発車で認可したというようにも見えますが、以下がWHOの報告です。

WHO’s Strategic Advisory Group of Experts on Immunization (SAGE) has also completed its review of the vaccine. On the basis of available evidence, WHO recommends the vaccine for use in adults 18 years and older, in a two-dose schedule with a spacing of two to four weeks. Vaccine efficacy results showed that the vaccine prevented symptomatic disease in 51% of those vaccinated and prevented severe COVID-19 and hospitalization in 100% of the studied population.

WHOはシノバックに対するレビューを完了し、入手できるエビデンスから判断して18歳以上の大人に対しての使用を認可した。シノバックの接種は4週間の間を置き、2回接種することとする。また、ワクチンの有効性については感染阻止が51%、深刻な症状になり入院に至るリスクを100%阻止することがわかった。

Few older adults (over 60 years) were enrolled in clinical trials, so efficacy could not be estimated in this age group. Nevertheless, WHO is not recommending an upper age limit for the vaccine because data collected during subsequent use in multiple countries and supportive immunogenicity data suggest the vaccine is likely to have a protective effect in older persons. There is no reason to believe that the vaccine has a different safety profile in older and younger populations. 

60歳以上の治験例がほとんどなく、高齢者に対する有効性は不明であるが、WHOはこれまでシノバックが世界各国で接種されてきた実例から判断して、高齢者に接種しても問題ないという結論に達した。

WHO

以上がWHO自身のアナウンスですが、さらにこの報告を読むと、前回製造工程に対するデータが出てないので認可しなかったとありましたが、それに対し、本当か嘘かわかりませんが、WHOはシノバックの工場で製造工程をチェックした結果、問題なかったようなことが書いてあるので、WHOの方が折れて何とか認可しようとしているようにも思えます。

今、動物が感染源であるという自然発生説が覆され、実は中国の武漢ウイルス研究所がコロナウイルスの発生起源であったことが明らかになりつつある中、世界は初期段階においてWHOが中国と組んで情報を隠ぺいしたことに対して訴訟を起こすという動きになっているようですが、WHOは本当に信用できるのかという点で、少なくともアメリカやEUはほとんど信用してないようです。

いずれにせよ、これでWHOからお墨付きが出たことになるので、タイ政府は胸を張ってシノバックは安全であり大丈夫、と国民に接種を勧めることができますが、あとは我々外国人もこれで納得して接種するのであれば、それでいいと思います。

WHOとしてもできるだけ早くシノバックをCOVAXに入れて世界中のワクチン不足で困っている国々に配給したいという内部事情もあるのだろうと思いますが、実際、高齢者も含めて既に多くの国でシノバックは使用されてきており、明らかに死者が減ったという報告が出てきていることから、シノバックを打っておけば、感染する確率は半分あるものの、少なくとも重症になったり、死亡するリスクはほとんどなくなるということのようなので、接種する価値はありそうです。

さて、これに対し、タイ国民及び在タイの外国人がどう反応するかは、大規模接種の受付が始まる6月7日以降にわかると思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました