タイ政府、予定より早く外国人のワクチン無料接種を開始

BANGKOK, 18 May 2021: The Thai government will deploy an adapted version of its Mor Prom (Doctor ready) vaccination registration app that will allow foreign residents to register for the free Covid-19 vaccination programme.

タイ政府は外国人が無料ワクチン接種ができるように、現在の登録申請アプリ「モープローム」を外国人にも使えるようにする

Thailand’s National News Bureau

Ministry of Foreign Affairs deputy spokesperson Natapanu Nopakun said mass vaccinations could begin as soon as next week, as supplies have arrived earlier than expected.

タイ外務省は、当初計画より早くワクチンが入手できたので、来週にも(59歳以下の人をも対象に)ワクチンの大規模集団接種を始められると発表。

Foreign residents should be able to register on the upgraded Mor Prom application to get an appointment at an assigned vaccination centre, or they can visit one of the walk-in jab facilities once they are up and running. 

さらに、タイ在住の外国人にはアップグレードした外国人用申請登録アプリの「モープローム」を用意するので、それがスタートすればワクチンセンターで予約を取り、指定されたワクチン接種会場で接種を受けるか、直接集団接種会場に行ってワクチン接種を受けられるようになる予定。

Ministry of Foreign Affairs deputy spokesperson Natapanu noted that the registration app would be the preferred channel, and work is progressing on introducing English and other languages versions as soon as possible.

ただし、英語版他の多言語で登録申請アプリを作成中なので、できるだけ事前にアプリで申請登録してから行って欲しい。

TTR Weekly

先日、「バンコクの外国人、ワクチン無料接種は早くても8月以降」でバンコク都(BMA)は8月になりそうだといっていたのが、今度は外務省から急にワクチンが早く届いたので外国人の接種も早めるということでありがたい計画変更です。

ただ、現状はまだアストラゼネカとシノバックしかないし、モデルナが届いたとしても、いずれにせよワクチンは選べないので、それでもいいという人はこのアプリができ次第申し込んだらいいです。

ちなみに、上の写真のように、チュラ大薬学部が数日前に発表した検査結果では、シノバックは初回の接種では66%の人にしか抗体ができなかったものの、2回接種した場合、99%の人に抗体が発生したということです。被験者がわずか197人なのであまり信頼性は高くないかもしれませんが、これに満足するのであれば、接種してもいいと思います。

一方、アストラゼネカは1回の接種で97%の人に抗体が確認されているので、効果は問題ないようですが、上のような発がん性の問題や血栓ができる可能性があり、確か日本でも60歳以下の人には使わないことになっているようなので、留意しておくべきです。

そういう意味では、昔ながらの旧ワクチン製法で作られたシノバックの方が未知のmRNA方式やViral Vector方式よりも安全なのかもしれません。日本だとシオノギ製薬がこの安全な旧製法でワクチンを開発し、現在治験中ということですが、いつ使えるようになるのかわかりません。

まあ、専門家でもない我々があまり考えても仕方がないので、どうせどのワクチンが接種されるかわからない以上、運を天に任せてとにかく何でもいいのでワクチン接種を受けて気分的に楽になりたいところですが…。

コメント

タイトルとURLをコピーしました