バンコク コンドミニアム物語

中国不動産バブル崩壊、中国人投売りでタイ不動産も大底に(その2)

不動産市場と株式市場との違い ところで、株式投資にはナンピン買い下がりという手法があります。流動性が高い株式市場では相場がどんな下降局面であっても売り手と買い手が存在するので、買い下がりながら平均コストを下げていくやりかたです。しか...
バンコク コンドミニアム物語

中国不動産バブル崩壊、中国人投売りでタイ不動産も大底に(その1)

大手デベロッパー恒大集団の破綻 日本ではあまり注目されていませんが、中国屈指の大手デベロッパー、恒大集団がほぼ倒産確実ともいえる状況になっています。 2日前の13日、恒大集団の金融子会社が発行した金融商品の利払いができずに取り...
タイランド太平記

資金ショート寸前の中小企業、車担保ローンに殺到

資金流動性がなくなったSMEにとって最後の手段 今年に入ってタイのSME(中小企業)や個人経営者がコロナによる収入減で資金繰りが厳しくなった結果、車を担保に銀行からお金を借りるのが急増しているという記事がオンライン経済紙のプラチャー...
タイランド太平記

国民に見放されたプラユット政権、それでもまだ続く?

今度はプラユット首相と法廷で戦おうとする野党 Thailand’s opposition parties plan to take legal action against the Prime Minister Prayut Cha...
バンコク コンドミニアム物語

日本の株式市場とタイ不動産市場について思うこと(その2)

中国とコロナが最大のリスク要因 ところで、これら日本株とタイの不動産にとってこれからの最大の懸念材料は、中国の経済破綻とコロナ変異株ではないかと私は思っています。 まず、コロナの変異株については、最近また新しい感染力の強いミュ...
バンコク コンドミニアム物語

日本の株式市場とタイ不動産市場について思うこと(その1)

日本株に光が射し始めた? 「ジャクソンホール会議を経て当面堅調な世界の金融市場」と題して、とりあえずアメリカFRBのテーパリング(通貨の量的緩和縮小)が先延ばしになったことで、しばらくは米国株も大丈夫だと思うものの、それに比べて日本...
タイランド太平記

いよいよ始まった、世界の隔離検疫免除の動き

カナダで始まった隔離検疫免除 รัฐบาลแคนาดาอนุญาตให้ชาวต่างชาติที่ฉีดวัคซีนป้องกันโควิด-19 ครบโดสแล้วสามารถเดินทางเข้าประเทศได้โดยไม...
タイランド太平記

これからのタイ生活でのニューノーマル、“モープローム”

デジタル証明がないとタイ生活も困難に กพท.ผนึกสมาคมสายการบินฯ-สธ. พัฒนาแอพพลิเคชั่น “หมอพร้อม” อำนวยความสะดวกเดินทางทางอากาศ แค่โชว์แอพ...
タイランド太平記

いよいよ来年1月、タイ全土で隔離検疫なしに!

タイ全土開国準備開始 タイ旅行スポーツ省は、来年1月からの隔離検疫なしでの外国人観光客受入を目指すと発表しました。もっとも、これにはワクチン接種が目標に達することが前提条件になっているので、まだ確定というわけではありませんが...。...
タイランド太平記

10月からワクチン証明か陰性証明の提示が必須!

現在は一時的なペンディング期間に過ぎない 昨日のブログでも書きましたが、9月1日から始まったロックダウン緩和でも、当初政府はワクチン証明書の提示を義務付ける予定であったのですが、この絵のように土壇場になって9月中は当面、ペン...
タイトルとURLをコピーしました