タイランド太平記/バンコク コンドミニアム物語

タイでの生活とバンコクの不動産投資に関する情報発信

「タイランド太平記」
タイに興味がある、タイが好き、将来タイに住みたいという人のために、タイでの生活について、ジャンルを問わず思ったままのことを書いていきます。光があれば影があるように、タイには魅力的なところも多いですが、悪いところもたくさんあります。そして、やはり日本の方がいい、他の外国の方が住みやすそうだ、と思う人もいて当然であり、その参考になればと思います。

「バンコク コンドミニアム物語」
バンコクの不動産投資について、今起こっていること、これから起こること、そして投資のリスクや実践方法等、筆者自身も自己資金を使って投資しながら、その試行錯誤の中で得た経験を基に投資家目線で情報発信していきます。

その他

今回のブログ統一について考えたこと

タイ情報
このブログは1週間ほど前から、これまでの日本ブログ村の「不動産投資」のカテゴリーから「タイ情報」というより大きなカテゴリーに移っています。

そこでは、PV(ページビュー)ランキングにだけ参加させてもらっているのですが、ありがたいことに今日時点で5位にランキングされています「タイ情報PVランキング」。

とはいっても、多くのすぐれたブログがひしめく中、今後さらに順位を上げていくのは難しいとは思いますが、これからは不動産だけでなく、タイの情報全般についても、1つのブログから発信していくことにしたのでカテゴリーを移ったわけです。

実はそれまでは「バンコク コンドミニアム物語」だけでなく、もう1つのブログ、「タイランド太平記」との2頭立てで走ってきたのですが、タイの経済や生活に関する一般情報がメインの「タイランド太平記」では、読者の読みたがっている情報のツボにはまると、1日に1,000人を超す人が読みに来てくれていました。

例えば、先日「2021年、タイ観光産業のメルトダウンが始まる!(アゴラ)」で書いたように、「タイランド太平記」で書いた記事の内容をリライトして日本の言論サイトに寄稿したところ、わずか数日で数千人の読者が読んでくれたようです。
Agora1
これは昨夜時点の数字ですが、5日間で400人近い読者から“いいね”を押してもらい、掲載後まだ5日しか経っていませんが、掲載当日の24時間アクセスランキングだけでなく、週間アクセスランキングでも1位になりました。
9月11日週刊ランキング
一方、「コンドミニアム物語」の方は内容が極めてニッチなこともあり、もう4年以上も経つのにせいぜい1日当り200人程度の読者(PVで500前後)と限界を感じていました。別にこれからSEO対策をして、「月収XX万円を稼ぐプロのブロガー」になるつもりなどありませんが、できればもう少し読者を増やしたいと思っています。

というのも、私はものを書くことは好きなのですが、私にとってはバンコクでの不動産投資が最大の収入源、利益源であり、このブログはどちらかというと、自分の不動産投資のための情報収集をする中での副産物的なものだからです。

しかし、これまで全く信用のできない仲介業者や顧客対応の悪いデベロッパーなどに何度も苦渋を味わってきたこともあり、個人では大したことはできなくても、このブログでもっと読者が増えて影響力を持てるようになれば、以前、現地の「週刊ワイズ」で連載していたように、タイの不動産取引に関するご意見番のような立場で、そういう業者を恐れずに名指しで糾弾することもできるようになると思うのです。

HG2018_コンド購入のセオリー-1

つまるところ、これによってもっとブログの読者や支持者を増やしていければ、将来、タイで不動産投資をしようとする人や、タイに住んでみたいと考えている人にとって、そのリファレンスになるような中立的なサイトにしたいと思っています。

そんなことなので、これからも「バンコク コンドミニアム物語/タイランド太平記」をよろしくお願いします。


今なら無料のオンライン講座!投資の達人講座

背景画で見るバンコクの大変化

mandarin terrace (2)

9月からこれまでの「バンコク コンドミニアム物語」にもう一つのブログである「タイランド太平記」を集約することにしたのを機に、背景画も最新のものに替えました。

新旧どちらもマンダリンオリエンタルさんのリバーサイドテラス。そこの同じ位置で撮った写真を使わせてもらっているのですが、アイコンサイアムも完成し、
この10年ほどでチャオプラヤー川の景色が様変わりしているのがわかると思います。

まさに、これがバンコクの発展と変遷です。私も2011年にタイに住み始めてから、もう10年近くになるわけですが、コンドミニアム市場の変遷だけでなく、この間に大洪水があったり、ス・テープの反政府運動に始まり最終的に軍のクーデターで政局が落ち着いたこと、そしてその軍事政権も既に6年目に入り、2020年のコロナによる経済不況でまたも新たな反政府運動が起こっていることなど、随分多くの出来事を見てきました。

そして、今年は経済面で苦しい状況が続くのは必至で、下手をすると来年も外国人の入国禁止が続き、タイ経済は悪化の一途となるかもしれず、やがてGDPでベトナムやフィリピンに追い抜かれる可能性も出てきています。

一方、多くの日本人が日本に一時帰国したまま、タイに戻って来られなくなっている今、こんな歴史的ともいえる変化の時期にバンコクに居ることは、ある意味、僥倖なのかもしれないとも思っています。

そこで、ブログ村の参加ジャンルもこれを機に「不動産投資」からより大きなカテゴリーの「タイ情報」に移り、これからは不動産市場の動きだけでなく、タイ全体の興味深い話題をも取り上げ、それに対する自分の考えなどを入れながらこのブログを続けていくつもりですので、時間があるときに時々見に来てもらえれば幸いです。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
  

  投資に関する質問等
お問い合わせ先:bkk.condostory@gmail.com

このブログが参考になったらシェアお願いします。
 
タイ情報ブログランキング
  最新記事(画像付)
   プロフィール

藤澤愼二 ฟุจิซาวะ ชินจิ

近況は以下のAmazon著者紹介で
https://www.amazon.co.jp/-/e/B082ZCRHZ4#nav-top

バンコク不動産投資2020年版
バンコク不動産投資 実践編
バンコク不動産投資 基礎編
英語に自信のある人にお勧め
    カテゴリー