High vs Lowハイライズの長所:

1.  高層階は眺望に優れる

2.  ユニット数が多いので、ロビー等の共用部も大きい

3.  フィットネスジムやスイミングプールなど共用施設の充実

4.  高層階は外部の騒音や虫が入ってくる問題は比較的少ない

5.  ユニット数が多い分、共益費が割安である

6.  高速エレベーターが据え付けられているので上下階の移動が速い

 

ローライズの長所:

1.  階数が少ないので建築期間も短く購入者は長期間待たなくてよい

2.  入居者数が比較的少なく、喧騒や煩雑さに悩まされることがない

3.  火事などの緊急事態の場合、階段を使って速やかに避難できる

4.  場所によっては、周囲の樹木などの自然を感じられ居住性が高い

5.  ユニット数が少なく、住人も少ないのでプライバシーが守れる

 

ハイライズの欠点:

1.  ユニット数が多く住人も多いことから喧騒と煩雑さで落ち着かない

2.  場所によっては周囲に同じような高層建物があり、向き合ってしまうユニットがある

3.  火事などの緊急時、階段を使って昇り降りせざるをえず、高層階ほど逃げ遅れる

4.  多くの住人がいるため、管理組合の年次総会ではいろんな意見が出てなかなか決まらない

 

ローライズの欠点:

1.  大半のプロジェクトが道幅の狭いソイに建っているので、道路が混み合って不便な時もある

2.  低層なので虫が入ってくる場合もある

3.  共用部設備の規模が小さい

4.  小さなプロジェクトにはスイミングプールや庭がないものもある

 

まあ、こんなところでごく当たり前のことをあれこれと書いていますが、敢えて言えば赤字で書いたところがハイライズとローライズの基本的な違いだと思います。

ところで、この写真のマエストロ07というローライズなどは評判が良く、ダウンタウン、落ち着いた雰囲気と高いクオリティ、価格も平米14万バーツ台とハイライズに比べて割安だったことからすぐに売り切れました。実際、アヌサワリーのラウンドアバウトから徒歩数分というロケーションでこの価格は安いと思います。

従って、ローライズは用地取得費用が比較的安いことから「ロケーションがよい、落ち着いて暮らせてプライバシーも確保できている、ハイライズと比べて(平米単価で)割安感がある」という条件が揃うと、もともとユニット数が少ないこともあってあっという間に売り切れるので、この3つの条件をローライズ購入の際の投資クライテリアにすべきです。

 

ところで、蚊が入ってくるのは大体15階ぐらいまでと聞いたことがありますが、実際、私も今、20階に住んでいて網戸無しでいつも窓を開けていますが、虫が入ってきて悩まされたということはありません。でも、ローライズの8階ぐらいなら蚊は上がってくるでしょうね。バンコクはデング熱が怖いので、蚊には気を付けたほうがいいです。もっとも、窓に網戸をつければいいだけの話ではありますが。

 

ถ้าคุณรู้สึกสนุกช่วยกดนี้นะครับ

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ

にほんブログ村