パープル2

昨日の東京でのセミナーは近づく台風の中、多くの方々にお集まりいただきまして、ありがとうございました。

あの後、私は羽田から夕方6時5分発の四国高松行きJAL便に乗って日帰りでとんぼ返りしましたが、運良く雨には降られませんでした。

さて、先日レポートしたパープルラインの記事の概略を以下、訳します。

バンコク高速鉄道株式会社(BEM)は対策会議を開き、9月1日からパープルラインの運賃を当面、半額とし、基本料金が14バーツ、1駅ごとに1バーツづつ加金し最大29バーツに値下げすることにした。つまり、端から端まで16駅あるこの電車に乗った場合、当初は42バーツであったのが、29バーツになるということである。(注:実際には半額にはなっておらず、当初は1駅毎に2バーツずつ加金するところが、半分の1バーツずつに値下げしたということのようです)

更に、既存のMRTに乗り換えてフアランポーンまでいく場合でも、当初は70バーツかかるはずだったのが、今回の値下げで54バーツでいけるようになる。ただし、この値下げは、将来MRTとパープルラインがダイレクトで繋がるまでの暫定的なものとする。

尚、これには条件がついており、できるだけ乗客がパープルラインを通勤の足として毎日使ってくれるようになることが会社側の狙いであり、乗客はMRTプラスという定期券を買わなければならず、普通に現金で乗車券を買う乗客は値引きしないというもの。

また、それ以外にも沿線駅の駐車場使用料も値下げし、車で駅まで通ってくる通勤客の負担をできるだけ減らすようにした。

その結果、BEMは今の1日あたり2万人の乗客数が3割上昇し、2万6千人になると見込んでいる。

以上ですが、半額にしてもわずか6千人増です。当初の1日7万3千人という計画から比べるとほとんど焼石に水のように思えます。

もっとも何もしないよりはもちろんいいですが、それにしても前途多難です。実は、昨日のセミナーでも、私はサブアーバン(郊外)は今もこんな状況だから、そんなところのコンドミニアムは買ってはいけない、と話したところなのですが...。
 

ถ้าคุณรู้สึกสนุกช่วยกดนี้นะครับ

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ

にほんブログ村
 

ทั้งนี้ ผู้โดยสารที่จะได้รับการลดอัตราค่าโดยสารดังกล่าวจะต้องใช้บัตรเอ็มอาร์ที พลัส (MRT Plus)เท่านั้น และหากบัตรเอ็มอาร์ที พลัส สำหรับนักเรียนและนักศึกษา จะได้รับส่วนลดเพิ่มขึ้นอีก 10% จากอัตราค่าโดยสารที่ลดแล้ว ส่วนบัตรโดยสารชนิดเหรียญจะไม่ได้รับการลดอัตราค่าโดยสาร เนื่องจากเป็นการจูงใจให้ประชาชนหันมาใช้บัตรเอ็มอาร์ที พลัสมากขึ้น

นอกจากนี้ที่ประชุมยังได้เห็นชอบลดอัตราค่าจอดรถ ในบริเวณอาคารจอดและจรของสถานี 3 แห่ง คือสถานีบางรักน้อยท่าอิฐ อาคารจอดรถสถานีสามแยกบางใหญ่ และอาคารจอดรถสถานีคลองบางไผ่ ลง50% เหลือ 5 บาท/ 2 ชั่วโมง (ชม.) จากเดิม 10 บาท/ 2 ชมและอัตราค่าโดยสารรายเดือน เหลือ 500บาท จากเดิม 1,000 บาท ซึ่งจากมาตรการที่ออกมา รฟม.ได้คาดการณ์ว่าจะมีผู้โดยสารมาใช้บริการรถไฟฟ้าสายสีม่วงเพิ่มขึ้น 30% จากจำนวนผู้โดยสารที่มาบริการในช่วงแรก จำนวน 20,000 คน