パープルライン昨日、現地の新聞、プラチャーチャート・トゥラギットに載った記事です。


政府があれだけ鐘や太鼓の鳴り物入りで今月6日に開通させたパープルラインの現状です。

 

なんか、全然お客が乗ってないそうで、当初の試算だとイケイケドンドンで1日に7万3千人の乗客が利用すると鼻息が荒かったのが、いざ開けてみたらわずか2万人ということです。

 

この路線は都心部に通勤する場合、今のところ終点のタオプーンに着いてもそこから約1キロも離れたMRTのバンスーまで行って乗り換えなければなりません。そんな不便な電車に乗って通勤したいと思う人はあまりいないということです。

 

そんなに急いで開通しても肝心のMRTとの連結がうまくできてなければ利用客が伸びないだろうというのは簡単に予想できたと思うのですが。それにしても当初計画の3分の1以下の乗客ですか。これからが大変そうです。

 

この記事だと、下手をするとあと10年以上赤字を覚悟しなければならないようですが、もし日本だったら開通と同時にもう廃線案が出てきているかもしれませんね。

 

しかし、こんな調子だと、現在でも沿線で1万4千ユニットもある大量のコンドミニアムの販売在庫が減るどころかもっと増えるかもしれません。やっぱり、パープルライン沿線のコンドミニアムは向こう数年間、手を出すべきではないように思います。


グリーンライン延伸もこんなにならなければいいですが。しかし、サムットプラガンは工場地帯であり、昔の埼玉県川口市みたいなところなので、こちらもイメージはあまりよくありません。

 

ถ้าคุณรู้สึกสนุกช่วยกดนี้นะครับ

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ

にほんブログ村 


17 ส.ค. 2559

ประชาชาติธุรกิจออนไลน์
รถไฟฟ้าสีม่วงโหรงเหรงเล็งลดราคาดึงคนเปิดหวูดรถไฟฟ้าสายสีม่วงไม่เปรี้ยง ผู้โดยสารหลุดเป้าจาก 7.3 หมื่นคน เหลือแค่ 2 หมื่นคน/วัน เตรียมจัโปรโมชั่น ตั๋วรายวัน รายเดือน เหมาจ่ายตลอดสาย บัตร 10 ปีขึ้นได้ ไม่อั้น ยอมรับขาดทุน 11 ปี