為替4
2011年の8月にタイに来たのでもう10年目に入りましたが、私が来た頃の2011年から2012年にかけては、1ドルが70円台という史上最高の円高時期でした。

従って、当時はタイバーツも1万円で4,000バーツ前後に交換できたこともあって、確かにタイの生活費は安いと思っていました。

もっとも、上の旅行業者の宣伝文句のように日本の3分の1とか5分の1というのは、さすがに海外生活を煽るような誇大広告で、そこまでは安くはありませんでしたが...。
ただし、こんな宣伝に乗せられて、老後は年金で優雅な生活をしようとタイに夢を託した人たちも多かったのだろうと思います。

当時の私の感覚では、タイの物価はせいぜい日本の半分くらいという印象でしたが、それでも日本円で見れば不動産価格は随分安く感じられました。それに、ちょうどタイに移り住んだ2011年は大洪水の影響で、多くのコンドミニアムが投売りされていたこともあり、投資としてコンドを買い始めた頃でもありました。

タイバーツ円レート

さて、2011年~2012年頃なら円高のおかげで、文字通り年金収入だけでタイで優雅な暮らしも可能だったのかもしれません。しかし、上の為替レートの推移を見れば、それから状況が様変わりしていることがわかると思います。

安倍政権になって2013年に急激な円安が始まりました。さらに2016年からはタイバーツの独歩高も始まった結果、我々日本人にとっては2つのアゲインスト、つまり円安トレンドとバーツ高トレンドが続いてしまい、タイ、特にバンコクでの生活は月額20数万円程度の年金では、大して余裕のないものになってしまっているのが実情です。

ところで、為替というのはどちらかが高くなれば必ずもう片方が安くなるというゼロサム世界なので、単純に比べても仕方がありません。そこで、基軸通貨である米ドルを基準に見ればわかりやすくなります。

為替2

まず、2013年から急激なドル高円安で日本円は2015年まで売られましたが、その反動で2016年に一旦買い戻されて以降は、比較的落ち着いているのがわかります。

為替1

一方、タイバーツも同じころドル高バーツ安が続いているので、ある意味、この時期は米ドル復権の時期だったともいえます。

しかし、2016年から状況に変化が出てきます。上のドル・円レートとドル・タイバーツレートの推移を見ると、
2016年以降、タイバーツはドルと円のどちらに対しても高くなっていることから、タイバーツ独歩高のトレンドが続いていることがわかります。

また、
ブルームバーグも2019年に東南アジア通貨の中でもっともパフォーマンスのよかった通貨がタイバーツ、つまりバーツの独歩高といっていて、そのトレンドは今も続いています。

さて、ここでああだこうだと改めて為替の議論をするつもりもありませんが、日本円とタイバーツの為替変動の結果、この10年間で我々日本人にとってタイでの生活環境が様変わりしたということをわかってもらいたいと思います。

ちなみに、バンコクのロングステイクラブの飲み会に行くと70歳前後の人が多いのですが、そこでよく年金や生活費の話が出ます。聞いていると、年金だけで生活している人は余裕綽々でタイ生活をエンジョイしているようにはどうも見えず、結構質素な暮らしをしています。

次回に続く