中国のワクチン1
今日の現地オンライン紙で上の写真記事が載っています。中国のワクチンはデータが不足していてその効能には疑問が多いというのが西側先進国のコンセンサスなのですが、「中国製ワクチンしか選択肢がない国とタイでは違うのでは?」で紹介したインドネシアのように、拡大が続くコロナ感染を何とか止めるには発展途上国は藁にもすがるしかないということで、ワクチン選択の余地などないのかもしれません。

China's vaccines were meant to score a clear diplomatic win for Beijing, shoring up ties with dozens of poorer nations amid an anticipated shortage of Western-developed shots. 

中国製ワクチンは、貧乏な発展途上国が西側諸国の開発したワクチンを入手できないのを見越した中国政府が、そこにワクチンを供給し密接な関係を作るという外交的勝利を目的としていた。

一方、「世界中から信用されない中国共産党と中国製ワクチン」で書いた上のブルームバーグのコラム記事のように西側諸国ではほとんど相手にされてない中国のワクチンですが、なんだかんだいいながらもじわじわと発展途上国に浸透していっているようです。

すなわち、中国のワクチン外交はやはり当初の思惑通り発展途上国に対して恩を売るということに成功しているように思えます。

実はタイも、「バイデンの眼中にないタイ、これからが至難の時代?」で書いたように、民主的でないクーデターでできたプラユット政権を嫌う米国の民主党、オバマ政権時代から始まったタイ軽視により、この6年でプラユット政権はどんどん中国寄りになりつつあるように見えます。

もともと、歴史的にタイはどっちつかずのまま臨機応変に都合のよい方につくのがお家芸といわれていますが、今は中国にすり寄っているということだろうと思います。

中国のワクチン2
そしてこれは、今朝のバンコクポストに載った記事ですが、この中で以下のようなプラユット首相のコメントが載っています。

the prime minister congratulated China on its Covid-19 response and reaffirmed the country's readiness to work with Beijing on economic and social rehabilitation.

プラユット首相は中国が約束通りワクチンを出荷してしくれることを賞賛し、今後のタイと中国との経済的、社会的な復興に協力し合うことを再確認した

the prime minister said that Thai-Chinese relations have continued to grow despite the Covid-19 pandemic, reflecting the sustainability of ties between the two nations.

プラユット首相は、タイ・中国間の友好関係によりコロナ蔓延下にあっても相互関係はますます発展してきたと述べた

both sides also agreed to pursue deeper economic cooperation especially on e-commerce and the Eastern Economic Corridor (EEC) project.

そしてタイと中国双方は経済協力関係をさらに進化させ、特にE-コマースとEEC(東部経済回廊)プロジェクトで協力を深めていくことに合意した

本来、多くの日系企業が進出するEECということもあり、安倍政権はここは譲れないとEEC方面への新幹線敷設等の経済協力に合意したというのが私の理解なのですが、日本にとって牙城のEECでもじわじわと中国が入り込んできているように見えます。

さすが中国CCP(共産党)、彼らの用意周到な戦略には全く脱帽です。そして、バイデン政権や菅政権でこの強敵に立ち向かえるのか大いに疑問でもあり、個人的にはやはりトランプ・安倍の方がまだ互角に立ち向かえたのではないかというような気もするのですが...。

ところで、約束通りワクチンが届くということでプラユット首相は随分喜んでいますが、シノバックのワクチンはタイFDA(保健局)の認可が下りたのですかね。ちょっと前に、中国からデータが一部届いてないのでペンディングになっているような記事を読んだのですが...。

注:その後わかってきたのは、当初中国は発展途上国には安くワクチンを提供するといっていたのが、世界でワクチン争奪戦が始まったのを見て、早速市場原理に基づき高く売りつけているようです。何しろ、タイも1接種あたり17ドルで買わされるのですから、全然安くありません。さすが中国人は商売の天才です。