ゴルフ2
昨日、自宅のコンドミニアムのジムもプールも使用禁止となったと書きました。やれやれ、これでまたコロナ太りに戻るのかと思っていたのですが、どうやら政府は、今回まだゴルフ場とドライビングレンジは閉めないようです。

従って、今までも車で15分ほどで行けるバンナーの練習場には、気が向いたときに時々汗を流しに行ってたのですが、これからはジムでの無酸素運動トレーニングができなくなったので、今後はもっと
ドライビングレンジに頻繁に行って、せめて有酸素運動で体力維持をしようと思います。

それにゴルフの場合、ソーシャルディスタンシングは取れているし、外なので空気の流れもあり、そう簡単に感染することはないはずです。

ゴルフ1
ちなみに、3月に始まったロックダウンの時に「ゴルフをやって10万人の雇用を取り戻せ!」を書いたときには、タイだけでなく日本からも本当に多くの人が読みに来てくれましたが、ゴルフ好き、もしくはタイでゴルフをやりたくてむずむずしていた人が多かったということだろうと思います。

さて、私の場合、コースに出て広大なグリーンの中でプレイするのも嫌いではありませんが、タイは今冬とはいえ、それでもちょっと暑いし、むしろ日陰の練習場でボールを打ち続ける方が好きです。

若いころによくバッティングセンターに行って汗をかいていたのと同じ感覚ですが、近くてすぐ行けるという便利さもあって、気が向いたときにいつでも出かけられるのが気に入っています。

それが3月のロックダウン時には、ゴルフ場も練習場も閉鎖されていたので、何も運動する機会がなく、ただ家でごろごろしていた結果、ご多分に漏れず私もコロナ太りで4キロも太ってしまいました。

その後、ロックダウンが解除されてから、ジムで筋トレを3か月以上続けた結果、やっと
ベスト体重の73キロ近くまで戻せました。そして50キロのベンチプレスがなんとかワンセット10回できるようになったのですが、一旦緩んだ体を元に戻すのは本当に大変なトレーニングが必要であり、何とか今回は太らず現状維持を続けたいと思っています。

それに、今回は「スイングが身についてくるとゴルフは楽しい!」で書いたように、昔、バスケのジャンプシュートがうまく打てるようになったのと同じで、最近は何となくゴルフスイングのコツみたいなものがわかってきたので、打ちっ放しだけでも結構楽しくやっています。

3密にならないゴルフは、感染リスクが極めて低いのだから、
これからもタイ政府には、ゴルフのようなアウトドアスポーツぐらいは大目に見てもらいたいものです。