タイ情報
このブログは1週間ほど前から、これまでの日本ブログ村の「不動産投資」のカテゴリーから「タイ情報」というより大きなカテゴリーに移っています。

そこでは、PV(ページビュー)ランキングにだけ参加させてもらっているのですが、ありがたいことに今日時点で5位にランキングされています「タイ情報PVランキング」。

とはいっても、多くのすぐれたブログがひしめく中、今後さらに順位を上げていくのは難しいとは思いますが、これからは不動産だけでなく、タイの情報全般についても、1つのブログから発信していくことにしたのでカテゴリーを移ったわけです。

実はそれまでは「バンコク コンドミニアム物語」だけでなく、もう1つのブログ、「タイランド太平記」との2頭立てで走ってきたのですが、タイの経済や生活に関する一般情報がメインの「タイランド太平記」では、読者の読みたがっている情報のツボにはまると、1日に1,000人を超す人が読みに来てくれていました。

例えば、先日「2021年、タイ観光産業のメルトダウンが始まる!(アゴラ)」で書いたように、「タイランド太平記」で書いた記事の内容をリライトして日本の言論サイトに寄稿したところ、わずか数日で数千人の読者が読んでくれたようです。
Agora1
これは昨夜時点の数字ですが、5日間で400人近い読者から“いいね”を押してもらい、掲載後まだ5日しか経っていませんが、掲載当日の24時間アクセスランキングだけでなく、週間アクセスランキングでも1位になりました。
9月11日週刊ランキング
一方、「コンドミニアム物語」の方は内容が極めてニッチなこともあり、もう4年以上も経つのにせいぜい1日当り200人程度の読者(PVで500前後)と限界を感じていました。別にこれからSEO対策をして、「月収XX万円を稼ぐプロのブロガー」になるつもりなどありませんが、できればもう少し読者を増やしたいと思っています。

というのも、私はものを書くことは好きなのですが、私にとってはバンコクでの不動産投資が最大の収入源、利益源であり、このブログはどちらかというと、自分の不動産投資のための情報収集をする中での副産物的なものだからです。

しかし、これまで全く信用のできない仲介業者や顧客対応の悪いデベロッパーなどに何度も苦渋を味わってきたこともあり、個人では大したことはできなくても、このブログでもっと読者が増えて影響力を持てるようになれば、以前、現地の「週刊ワイズ」で連載していたように、タイの不動産取引に関するご意見番のような立場で、そういう業者を恐れずに名指しで糾弾することもできるようになると思うのです。

HG2018_コンド購入のセオリー-1

つまるところ、これによってもっとブログの読者や支持者を増やしていければ、将来、タイで不動産投資をしようとする人や、タイに住んでみたいと考えている人にとって、そのリファレンスになるような中立的なサイトにしたいと思っています。

そんなことなので、これからも「バンコク コンドミニアム物語/タイランド太平記」をよろしくお願いします。


今なら無料のオンライン講座!投資の達人講座