コロナ感染者数
3月26日に出されたタイの非常事態宣言とロックダウンから1カ月も経っていませんが、最近はコロナ感染者数も減少傾向にあり、うまくコントロールできているようです。

1月初め、世界で中国以外で最初に感染者を出したのがタイなのですが、今は上のグラフにあるように、現在の累積感染者数は50位と、欧米諸国に比べて圧倒的に少ない数です。

また、昨日の段階では、下の図にあるように、世界の累積感染者数で51番目と、さらに順位が下がってきています。陰性になった
治癒回復者数も1,593人と増加中で、あとはこの累積感染者数と治癒者数の間隔がゼロになれば、最終的に感染者がいなくなるわけです。

感染者速報1

もっとも、それはしばらく無理にしても、縮小傾向にあるということは、うまく感染がコントロールできているということであり、心配していたソンクラーンのお祭りで一挙に感染爆発するのではないかという危惧も薄れつつあります。

そして、一昨日、プラユット首相は4月最終週の状況を見て、徐々にロックダウンを解除していけるか決断すると発表しました。


ロックダウン解除
4月16日時点での累積感染者数は2,672人で、しかも昨日の新規感染者は29人(30人との報告もある)と、道を歩いていて交通事故に会う確率の方が高いくらいの状態になってきたわけで、確かに5月から規制緩和が始まりそうです。

そこで注目されるのは、これから確実にやってくるコロナによる世界的な経済不況に対し、各国政府がどんな対策を練っていくかですが、実はタイ政府が不況脱却の戦略として考えていることが、非常に興味深いのです。

これはまさに"災い転じて福となす"の戦略であり、今回のコロナでタイは中国以外で最初に感染者を出したものの、ピークを脱したと思われる今になってみると、他の国に比べれば感染者も少なく、ロックダウンの期間も短くて失業の問題や経済的影響も小さいという、大きな強みがあるわけです。

一方、まだまだコロナと戦っている欧米先進国の場合、今後の経済立て直しのことを考えている余裕はありません。

それどころか、このままでは、あと3カ月もすると世界は食料危機になると、多くの国際機関が指摘するようになっていて、実は世界屈指の農産物の輸出国でもあるタイにとって、これこそ経済不況脱却のまたとないチャンスが巡ってきているというのです。

次回に続く

にほんブログ村 投資ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村