corona 7
ちなみに、ナイトフランクのいう通り、他の新聞でも今のコーワーキングスペースは、コロナの影響でほとんど利用者がいなくなったと書いています。

日本と違ってタイの場合、大企業で働くよりもデジタルワーカーとしてフリーランスで自由に働きたいという人も多く、これまでコーワーキングスペースが順調に増え続けてきたのです。

その結果、最近のCBDのコンドミニアム等では、大抵ワーキングスペースがつくられるようになってきていますが、ここで急ブレーキがかかってしまいました。

一方、住宅の場合、現時点で、100,000ユニットもの販売在庫があり、前回のブログで書いたように、REICの調査では30,000ユニットが完成在庫ということであれば、販売在庫全体の実に3割が完成在庫ということになります。

ただし、ナイトフランクはここで、当初価格が150,000バーツ/㎡だったものが200,000バーツ/㎡まで値上りした中古物件を、今回の値下りで170,000/㎡で買うというような例を挙げていますが、これからもっと状況が悪くなることを考えると、ローンなど不要で全額現金で買う我々のような外国人投資家にとっては、この程度の値引きぐらいでは底値買いとはいえないような気がします。こういう時こそ、以前にも書いたようにCash is Kingなのです。

さて、次にコリアーズのコメントを紹介しますが、前回のブログで既に書いたので、簡単にまとめると以下の2点です。

1.さらなるタイ経済の悪化により、2020年の新築及び販売在庫は引き続き値下りするが、全体の平均価格は昨年度比8%から10%値下りする。

2.特に完成在庫については、デベロッパーは既に昨年から20%以上の値引きをしている。


こんなところですが、いずれにせよこれからは、新規プロジェクトは敬遠して、販売在庫、特にデベロッパーが一刻も速く売ってしまいたがっている完成在庫、今や買ってはいけないバンコクのコンドミニアム(その2)」で紹介したような引渡し期限が迫ってきた購入予約権の投売り、そして中古市場での築浅物件の投売りを狙っていくべきだと思うのです。

これからも買い手市場が続くことから焦る必要はないので、まず自分が気に入った有望プロジェクトをしっかり絞り込んで、直接デベロッパーに完成在庫の指し値買いを入れてみたり、直接売買サイトのオーナーポスティングをチェックすることで、思わぬ拾い物を見つけることができるかもしれません。

このブログが参考になったらシェアお願いします。

 

にほんブログ村 投資ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村


ด้านนายภัทรชัย ทวีวงศ์ รองผู้อำนวยการ ฝ่ายวิจัย บริษัท คอลลิเออร์ส อินเตอร์เนชั่นแนล (ประเทศไทย) มองแนวโน้มราคาอสังหาฯในปี 2563ว่า มีปัจจัยลบและภาวะเศรษฐกิจชะลอตัว ส่งผลทำให้ราคาขายเฉลี่ยของโครงการคอนโดที่มีการเปิดตัวใหม่และโครงการที่ก่อสร้างแล้วเสร็จอาจจะยังคงปรับตัวลดลงต่อเนื่อง โดยคาดว่าจะปรับลดลงประมาณ8-10%เมื่อเทียบจากปี 2562 ซึ่งราคาขายคอนโดเฉลี่ยอยู่ที่ 123,130 บาทต่อตร.ม.

 “ผู้ประกอบการก็ไม่กล้าที่จะปรับราคา สำหรับโครงการใหม่ๆ เนื่องจากเกรงว่าหากตั้งราคาขายสูง ถึงแม้ว่าโครงการจะตั้งอยู่บนทำเลที่เป็นที่ต้องการก็ตาม”

นอกจากนี้ ในช่วงที่ผ่านมาพบว่า มีโครงการที่ก่อสร้างแล้วเสร็จเหลือขาย ถูกนำมาปรับลดราคาลงมากกว่า20%เพื่อระบายสต็อกที่คงค้าง

สำหรับสำหรับภาพรวมของตลาดคอนโดเปิดขายใหม่ในกรุงเทพฯ ในช่วงไตรมาสที่1ปี2563 พบว่า มีโครงการคอนโด เปิดใหม่ 16โครงการ 5,880 ยูนิต ถือว่ามีอุปทานเปิดขายใหม่ที่น้อยที่สุดในรอบ 8 ปี หรือ 32 ไตรมาสที่ผ่านมาหลังจากวิกฤติมหาอุทกภัย ปี2554