株式市場これは2日前のブルームバーグに載っていた記事ですが、タイ最大のデベロッパーであるランドアンドハウスは、今年はもうコンドミニアム開発は一切やらないとのことです。

また、これまで強気であったシンハーも慎重になっていますが、いつも強気のポジショントークが多いアナンダやオリジンも、さすがにこれからは少しおとなしくなるだろうと思います。

ではまず、以下がこの記事の概略です。

1.調査機関のAREA談:
 かつては中国人投資家が好んで買っていたバンコクのコンドミニアムであるが、コロナウイルス感染騒動で購入者が激減した結果、2020年のコンドミニアム市場での外国人投資家比率はわずか10%へと落ち込む。
 また、
今年前半はこの影響で外国人投資家需要がほとんどなくなってしまうと予想され、バンコク首都圏にある10万ユニットを超える空室物件を国内の実需で消化していくしかないが、それは容易なことではない。

2.ランドアンドハウス社長談:
 タイ中央銀行が住宅ローン規制を緩和して住宅市場を活性化させようとしているが、ほとんど効果はなく、今のコンドミニアム市場は怖くて近寄れない。
 それに、コロナウイルス騒動だけが原因ではなく、実際にはそれ以前の2019年から、様々な要因により外国人投資家の需要は陰りを見せていたので、今の市場低迷はもっと根が深い。
 
3.ランドアンドハウスは今年、新規のコンドミニアムプロジェクトは一切計画しておらず、シンハー・エステートも現在の供給過剰状態を警戒して、新規プロジェクトのための用地取得には消極的である。

4.CBREのMD(マネージングディレクター)談
 今年前半はコロナウイルスの影響で不動産セクターは低迷するものの、それが終われば急回復する。

5.先週、政府は、
不動産業界全体の不振はタイ経済にとっても大きな問題の一つであり、2020年のGDP成長率は1.5%程度まで落ち込む可能性があると発表した。


6.現在、タイの株式市場での不動産セクターの株価は過去1年で24%も下落しており、全体のインデックスに比べても13%以上も下落が大きい。

7.コリアーズインターナショナル談
 2020年の第1四半期、デベロッパー全体で6,000ユニットの新規プロジェクトが売り出される予定であるが、これは昨年同期比で40%減である。しかし、それでも今の供給過剰状態は極めて厳しいものであり、今後3年くらいで需給のバランスが取れればいい方だと考えている。


次回に続く

このブログが参考になったらシェアお願いします。
 

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ

にほんブログ村


Bangkok Has 100,000 Empty Apartments and May Soon Have More


Bangkok’s condominium market, once a favorite of Chinese investors, faces a bleak year as the novel coronavirus outbreak keeps buyers away.

Foreigners are set to account for as little as 10% of purchases in 2020, down from a fifth two years ago, consultancy Agency for Real Estate Affairs estimates. Chinese buyers used to provide the bulk of overseas interest but are now hampered by the travel curbs and economic havoc sparked by the disease.

The demand from foreigners may disappear in the first half following the outbreak,” said Sopon Pornchokchai, the consultancy’s president, adding that there are 100,000 vacant condominiums in and around Bangkok. “We’ll need to rely on local buyers, but that won’t be easy.”

The Bank of Thailand has loosened mortgage-lending rules to encourage domestic purchasers but developers remain wary. For instance, Naporn Sunthornchitcharoen, the chief executive of major Thai developer Land & Houses Pcl, last month said the firm is “afraid” of the condominium segment.

Even before the coronavirus spread from China, foreign interest was flagging as the outlook for an economy reliant on trade and tourism deteriorated amid currency strength in 2019 and the U.S.-China trade war.

 

Caution Reigns

Land & Houses doesn’t plan to open any new condominium projects this year. Another developer, Singha Estate Pcl, is “very cautious” about buying land for residential offerings because of concerns about an oversupply of property in certain locations, Head of Investor Relations Maysenee Ratnavijarn said.

The real estate sector slowdown is among the many challenges ahead for the Thai economy in 2020. Gross domestic product growth may weaken to as little as 1.5% this year, a six-year low, a government agency forecast last week.

While the first half will be slow because of travel restrictions caused by the virus, the property sector will eventually recover quickly, said Aliwassa Pathnadabutr, managing director of CBRE Group Inc. in Thailand.

Thailand’s 55-member Property Development Index has tumbled about 24% in the past 12 months, worse than the 13% slide in the overall Thai stock market.

Developers are expected to bring about 6,000 new condominium units to the market in Bangkok in the first quarter of 2020, down 40% from a year earlier, according to Phattarachai Taweewong, associate director of Colliers International Group’s Thai unit.

It’s tough situation in 2020,” Phattarachai said. “Hopefully the market can go back to balanced supply and demand again in the next three years.”