バンナー

4. บางนา

มาถึงอันดับที่ 4 ทำเลบางนา ปฏิเสธไม่ได้ว่าปัจจุบันมีการพัฒนาต่อเนื่องทั้งด้านการเดินทางที่มีรถไฟฟ้า BTS พาดผ่านช่วงบริเวณแยกบางนา และยังมีสิ่งอำนวยความสะดวกต่าง ๆ มากมาย จากแต่เดิมที่การพัฒนากระจุกตัวอยู่บริเวณแยกบางนา อาทิ ห้างสรรพสินค้าอย่างเซ็นทรัลพลาซา บางนา และศูนย์นิทรรศการและการประชุมไบเทค บางนา แต่ปัจจุบันการพัฒนาเริ่มกระจายตัวออกไปจากบริเวณอื่นมากขึ้น ซึ่งปัจจัยหลักมาจากห้างสรรพสินค้าใหม่อย่างอิเกีย บางนา และเมกาบางนา

ส่วนรูปแบบที่อยู่อาศัยก็มีหลากหลายทั้งคอนโดมิเนียม ทาวน์เฮ้าส์ บ้านเดี่ยว โดยเฉพาะบ้านเดี่ยวระดับลักซ์ชัวรี บริเวณแนวถนนกาญจนาภิเษก

ทำไมบางนาถึงน่าอยู่

มีตัวเลือกการเดินทางที่หลากหลายทั้งถนนบางนา-ตราด และสุขุมวิท ใกล้ทางด่วนอย่างทางพิเศษเฉลิมมหานคร ทางพิเศษบูรพาวิถี และถนนกาญจนาภิเษก และใกล้รถไฟฟ้า BTS

จุดเด่นสำคัญ

อนาคตบริเวณแยกบางนาจะมีโครงการมิกซ์ยูสขนาดใหญ่ของเดอะมอลล์กรุ๊ปอย่างแบงค็อกมอลล์ ซึ่งจะช่วยผลักดันให้ทำเลนี้เติบโตเพิ่มขึ้นไปอีก

บางนา เป็นเพียงไม่กี่ทำเลในกรุงเทพฯ ที่มีราคาอสังหาฯ ปรับตัวเพิ่มขึ้นตลอดปี 2562


翻訳:

検索頻度第4位のバンナー駅では、BTSスクムビット線のバンナー交差点周辺での開発や交通網の整備が続くだけでなく、セントラルバンナーやバイテック国際展示場、コンベンションセンター等の施設もあることから、その発展は無視できない。

さらに、最近は周辺地域にあるIKEAやメガバンナーなどの影響もあって、交差点周辺だけでなく、バンナーの他のエリアにも開発が広がり始めている。

それに伴い、住宅市場もコンドミニアムだけでなく、タウンハウスや一戸建も増えているが、特にガーンジャナーピセーク通り地域では、ラグジュアリークラスの一戸建が増えている。

何故、バンナーが住みやすいのか?

バンナートラッド通りとスクムビット通りがあるだけでなく、いくつかの高速道路が利用できること、その他の主要な道路にも近いこと、そしてBTSと、様々な交通手段が選べるという優れた交通の利便性がある。

特筆すべきポイント:

将来、このバンナー交差点付近では、モールグループが開発中のザ・バンコクモールという大型ミックスユースプロジェクトがオープンする予定で、さらなる発展が期待できる。


実際、バンナーは2019年を通して不動産価格が値上りを続けたバンコクの数少ないロケ―ションの一つである。


以上ですが、日本が経済協力する話題のEEC(東部経済回廊)の玄関口でもあるバンナー交差点は交通の要所としてますます重要性が高まるし、今後はBTSバンナー駅というよりも、バンナー地域全体が発展するという予測は全くその通りで異論はありません。


従って、コンドミニアムだけでなく、一戸建やタウンホームを含め、将来、都心近郊のミッドタウン住宅エリアの中心として発展していくと思います。

ただし、我々日本人はコンドミニアムしか買えないので、そう考えると、やはり投資先として検討できるロケーションはBTSの駅周辺と限られてきます。しかも、バンナー駅よりもさらに便利なウドムスク駅の方が買いだろうと、私は思います。

そこで、以前、「よみがえるか、陸の孤島」で5回にわたって書いたように、私はオンヌットと並びウドムスクに非常に期待しているのですが、ひょっとするとザ・バンコクモール完成後は、駅からかなり遠いプンナウィティのウイズダム101などは、ただのローカルモールになってしまい、将来はオンヌット駅近くのモール、ザ・フィル・スクムビット54同様、あちこちで空室が出てくる可能性があるとさえ、最近は思っています。

何しろ、タイのローカルモールの実に8割が失敗するといわれており、中途半端なモールはなかなか成功しないのです。


従って、以前、ウイズダム101のコンドミニアムを自己居住用に購入検討しているというクライアントからセカンドオピニオンの依頼があった際、「こんな時期は焦らず、もう少し待って先を見極めた方がいいので、あそこに住みたければ、3年ぐらい、まず賃借で借りて、バンコクモールが完成してから、ウドムスクと比較検討した方がリスクは低い」とアドバイスしたことがあります。

それに、どうせプンナウィティで買うのであれば、今回の本でも具体的に推薦しましたが、駅前のザ・ルーム・スクムビット62の方にこそ投資妙味があると思っています。


なお、ウドムスクのポテンシャリティについても、今回の本でも書いているので読んでみて下さい。

次回に続く

このブログが参考になったらシェアお願いします。
 

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ

にほんブログ村