2ベッドルームデザインCG22ベッドルームデザインCG以前、新築と中古の2つの物件をほぼ同時期に2人のデザイナーを使って内装工事を行ったので、中古を改装して転売」と題してまとめてレポートしました。

新築の方はアシュトン・アソークという、いわゆるスーパーラグジュアリー級コンドであったので、ヒルトンホテルやアイコンサイアムの内装工事を手掛ける人気女性デザイナーを起用して、ダークミラーを多用した重厚なトーンの魅力的な内装工事を施しました。

これにより、同プロジェクト内の他のユニットとの差別化ができ、高い家賃水準で日系企業からすぐにオファーが入り、現在、そこの支社長様が入居されています。

実は、この物件を購入したのは関西にある会社の社長様なのですが、私が1年半前に大阪で「今こそアシュトンアソークの投売りを買うチャンス」という題でバンコクの不動産投資戦略について講演会をした際に興味を持っていただき、リテインドエージェント(買主代理人)としてアポイントしてもらったものです。(参考:
久しぶりのチャンス、アシュトンアソークの投売りを狙え!

その後、私はこのクライアントの専任代理人として、Condo Exchange CenterやPrakardで36階以上のフロア限定でアシュトンの2ベッドルームを買いたい」というタイ語の広告を出して物件探しを始めたのですが、4X階のこれと思う物件を見つけてからは、価格交渉に入り、無事、売買契約に至りました。

そして、竣工引渡し、フィッティングアウト(内装工事)のためのデザイナーからの見積り入手と仕様打合せ、工事請負契約内容の交渉と締結、その後のオーナー代理としての施工監理、そして完成後は懇意にしている日系賃貸仲介会社の社長に既存お得意顧客への優先案内を依頼して、最後の入居者募集までお手伝いさせていただいたわけです。

次回に続く

ถ้าเห็นว่าเรื่องนี้สนุกหรือมีประโยชน์ ช่วยกดนี้ให้หน่อยครับ

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ

にほんブログ村