超富裕層分布よく経済雑誌等で特集されるのが、老後の必要資金についてです。

自分がリタイアした後、将来いくら必要なのかということは、私を含め40代、50代の人にとって非常に気になるところです。

もっとも、これはその人の生活スタイルや将来の生活設計によって違うし、これが正解というものも当然ありませんが…。


そんな中、つい先日のことですが、マネーガイドで『老後にいくらのお金が必要かというゴールを明確に』ということで、以下のような興味深いコラム記事が載っていました。

「老後に必要な全体金額から、他人が用意してくれるお金(公的年金、企業年金)を引いた残りの金額が、自分で用意すべきお金(自主年金)です。

 現在これから退職する世代の人たちが必要としている老後の自主年金の額は2000~3000万円というアンケート結果があります。

 しかし、これは感覚的な期待値なので、あまり正確ではありません。次に積み上げて計算してみましょう。現在の日本で、リタイア後の夫婦が暮らせる月の生活費が平均で22万~23万円と言われています。その12カ月の30年分は8280万円で、そのうち4割が公的年金でまかなわれるとしたら、その6掛けは4968万円。約5000万円が必要な自主年金の額となります。

 いずれにしても、お金の心配をしないで人生をまっとうするには、5000万円くらいの自主年金は必要なようです。その上で、老後をもう少し前向きにとらえられる人はリタイア後の夢や願望があるでしょうから、その費用も自主年金に追加して考えてください。

 たとえば海外に移住したい、世界中を旅して回りたい、社会貢献のための活動をしたいなどの必要な資金額を見積もって、老後の生活費に加えておくのです。老後の必要生活費プラス夢の実現資金で、所要金額は5000万円プラスアルファとなることでしょう」

これを読んで、「えっ、そんなに要るの?」と驚いた人も少なくないと思いますが、将来は海外と日本の二重生活で暮らすなどという夢を持った生活設計をしているのであれば、
自分が住む住宅以外に5,000万円の金融資産を持っていたとしてもまだ足りない、というのには自分の経験からも頷けます。

次回に続く

ถ้าเห็นว่าเรื่องนี้สนุกหรือมีประโยชน์ ช่วยกดนี้ให้หน่อยครับ

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ

にほんブログ村