世界の億万長者最近、ナイトフランクが世界のお金持ちに関する2019年度版ウェルスレポートを出しました。

投資の知識がある人ならわかっていると思いますが、不動産というのは、多くの場合、個人が資産形成する上で避けて通れない重要な資産であり、メリルのような投資銀行だけでなく、ナイトフランクのような不動産サーベイヤーも毎年こういうリサーチをしています。

このレポートによれば、2018年は世界のミリオネアー(自分の居住する住宅資産を除いて100万ドル以上、約1億1,000万円以上の純資産を持つ富裕層)が1,960万人と約2,000万人になりました。日本語で簡単にいうと、いわゆる億万長者達です。

例えば、あなたの自宅を除外して、それ以外の不動産を含む全金融資産から、住宅ローンを含む全負債を差し引いたのが、この計算での純資産ということになります。そして、それが1億1,000万円以上あれば、あなたは世界の富裕層、上位2,000万人の仲間に入れるわけです。

このミリオネアーを最近はHNWI(High Net Worth Individual)と呼ぶようで、日本の場合、人口100万人当りの
HNWI比率は、アメリカ、ドイツと並んで世界でもトップクラスです。

ただし、日本は所得税や贈与相続税が高いこともあって、さらにこの上をいく、頭にウルトラのUが付く純資産3,000万ドル、約33億円以上のUHNWI、超富裕層の人口比率は、ほかの先進国に比べてあまり高くありません。

そうはいっても、日本人のHNWIは230万人もいるということなので、世界のミリオネア―全体の12%を占めていることになります。

ちなみに、純資産1億1,000万円以上といっても、例えば東京で最も所得が高いといわれる井の頭線沿線住民にはHNWIはごろごろいるし、それほど珍しくはないので230万人というのも頷けます。私が投資銀行にいた時には、よく見かける小金持ちという意味で”プチリッチ”と呼んでいたくらいです。

従って、我々庶民にとってUHNWIである超富裕層は無理でも、頑張ればHNWIになら
何とか手が届きそうです。せっかく日本というチャンスに恵まれた先進国に生まれたわけですから、30代の人であれば、まずはこのHNWIに入ることを自分のこれからの資産形成の目標にすると、世界での自分の位置付けがわかって励みになるとも思います。

次回に続く

ถ้าเห็นว่าเรื่องนี้สนุกหรือมีประโยชน์ ช่วยกดนี้ให้หน่อยครับ

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ

にほんブログ村


  
ファイナンシャルアカデミー 不動産投資の学校
家計を改善するためには、不動産投資の知識があると断然有利です。 多くの人は収入の1/3を住居費に使い、それが経済を支えています。 不動産投資を学んだ人は、家計を改善して家族の生活を支えています。 効率よく不動産投資の知識を身につけたい方、 まずは、不動産投資の学校の体験学習会へご参加ください!