Prakardその原因の一つ目は、中古物件を改装して転売(入口編1)でも詳しく書きました。

つまり、要注意のデベロッパーによる施工の悪い物件やロケーション的に将来性のないプロジェクト、郊外の供給過剰エリアの物件を買ってしまう、もしくは転売等で相場以上の高値で買わされてしまう、
などといった「入口」の段階で失敗した場合です。

特にバンコクの不動産市場がよくわかっていない日本人の場合、日本でのセミナー等で販売するプロジェクトのセールストークをそのまま鵜呑みにして買っている人が多いようですが…。

そこで、「出口」の話からは若干逸脱しますが、重要なことなので、今のバンコク市場の実態について少し書いてみます。

まず、著書の第1章4項「完売したはずなのに続々と出てくる損切り物件」の中でも書きましたが、第一次プリセールが即日完売したとか、売出前から行列ができる人気プロジェクトという表面上のセールストークだけで判断してしまうと「入口」で失敗してしまう可能性があります。

実際、現在のバンコク・
コンドミニアム市場は決して良くありません。だから、大手デベロッパーは国内の売れ行き不振を海外販売でカバーしようとして、こぞって海外各地で販売説明会を開催しているのです。

現地ではこれを海外ロードショーと呼んでいますが、
何故か日本では勉強会的な意味合いの「セミナー」にすり替えられているわけです。従って当然、このセミナーでは販売に都合の悪いことはいわないので、購入者も物件選択には慎重な判断が必要です。

本当に優れた、価格的にも適切なプロジェクトであれば、タイ国内の販売だけで竣工までには完売できるので、ランドアンドハウスなどのような自信のあるデベロッパーはわざわざ高いコストがかかる海外ロードショーなどしないのです。

また、最近は香港や中国の会社が新規プロジェクトをフロア単位等のバルク買いでデベロッパーから買い取り、価格に1~2割、ひどいときには3割も利益を上乗せして海外の個人投資家に転売する例が多くなってきています。

実は私も以前、香港の某投資会社から日本でセミナーをやってくれないかとの依頼があり、話を聞いてみると、それは
既に完売したはずのスクムビットの高級物件でした。その会社はフロア単位で何十ユニットも持っていて、これを日本で転売したいというものでした。

タイでは日本と違って購入権の転売は違法ではないので、別にこの会社が悪いことをしているわけではありませんが、デベロッパーが早期に完売したとアナウンスしているプロジェクトでも、実はこういうカラクリがあったりするので、おかしなセミナーは要警戒です。

いずれにせよ、残念ながら、こういう「入口」で失敗した物件はリカバリーがかなり難しいので、できるだけ早く損切りをする方が怪我が小さいように思います。

実際、最初の著書である基礎編で書きましたが、
こういう私も、タイに来て間もない頃、市場動向がまだよく見えてなかったこともあり、将来性のないプレビルドプロジェクトで2ベッドルームを2つも買ってしまいました。結局、100万円近いロスカットをしてでもダウンペイメントの支払いを止め、キャンセルしたのですが、その物件は竣工後も値下がりしているので、今となっては正解だったと思っています。

投資というのは自分で判断して行った以上、自己責任がルールです。特に宅建業法もないタイの場合、仲介業者やデベロッパーが「セミナー」で言っていたことと話が違うと抗議しても、しっかり録音しておいて訴訟でも起こさない限り、購入者は非力なのです。


次回に続く

ถ้าเห็นว่าเรื่องนี้สนุกหรือมีประโยชน์ ช่วยกดนี้ให้หน่อยครับ

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ

にほんブログ村