Life Asoke Rama9先日、東京でセミナーを開いたところ、ラーマ9のプレビルド物件を買ったという人が4~5人いて、ラーマ9についていろいろ質問があったと2018年3月セミナー終了の中で書きました。

そんなこともあったので、私もバンコクに戻ってからラーマ9の現状を調べてみたのですが、案の定、ちょっと悲惨ですね。

特に昨年末にプリセールで売り出したLife Asoke Rama9については、このリストにあるように既に大量の損切りが出てきています。

しかも、1つのエージェントだけでこんなにたくさんの売り物件が出ていて、ちょっと驚くのは高層階の40㎡以上あるような広いユニットでさえもロスカットで出てきていますから、尋常ではない売りです。

Life Asoke Rama 9について思うことでも書いたように、私はデベロップメントパイプラインから見てラーマ9は明らかに供給過剰であり、市場はストレステストに勝てないと思っているし、これからもこんな売りが長期間にわたって続くと思います。

また、ラーマ9交差点のリセール物件に割安感?で引用したコリアーズ・インターナショナルのコメントにあるように、ラーマ9は買い物件の選択を間違えると長期間浮上できない、という意見にも全く賛成なので、ラーマ9は敬遠しておいた方がいいと結論づけたのですが、残念ながら日本でも何故かラーマ9を買っている人が多いようです。

これは自分の著書の中でも書いていますが、私も3年前にパープルラインのデベロップメントパイプラインを読み違え、途中でダウンペイメントの支払いをストップしドロップアウトしたことがあります。結局100万円ほど損しましたが、でも、もしあのまま持っていたら今頃はさらに悲惨なことになっていたと思います。

コンドミニアムはジェットコースター市場で次のバンコクポストのコラムを引用しました。
デベロッパーは当初完売したと大々的に宣伝していたにもかかわらず、実態は全体の10%が今も販売中であり、しかも、彼らは値引販売をしてでもこの販売在庫を一掃しようとしているのである」


つまり、
これは転売に失敗した連中から1割もの物件がキャンセルで戻ってきたということなのですが、これが今のバンコク不動産市場の深刻な問題点でもあるのです。


ถ้าเห็นว่าเรื่องนี้สนุกหรือมีประโยชน์ ช่วยกดนี้ให้หน่อยครับ

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ

にほんブログ村