Celes Asoke先日、注目プロジェクトCeles Asokeについて の中で、このプロジェクトを買うなら2ベッドルームの方がいいと思う、と書きましたが、その後、フロアプランを入手したところ、その考えが変わりました。

結論として、これならむしろ1ベッドルームの方がいいと思うようになったので、ここで訂正しておこうと思います。

セレスアソークはプリセール当日までフロアプランが一般に公表されず、1ベッド、2ベッド、3ベッドがあるという情報だけであったので、私もアソークのこの場所で2ベッドルームで70㎡とか86㎡の大きなサイズが出てくるとは考えていませんでした。

それがこのフロアプランでわかるように、1ベッドルームでも42㎡とか50㎡のの大きなサイズがメインになっています。これであれば、近隣で競合するアシュトンアソークにもない広めの1ベッドルームであり、予算的にも4~5万バーツの家賃を払える単身、または夫婦2人の駐在員は多いので投資向きだと思います。

一方、以前にも書きましたが、このロケーションは子供のいるファミリーにはあまり向いてないと思うし、86㎡の2ベッドルームだと多分、家賃は8~9万バーツになると思うのですが、少なくとも日本人駐在員で家族が3人以上のファミリーがこの物件をチョイスするケースはあまりなく、それだけの家賃を払うのならプロンポンやトンローに行くだろうと思います。

アソークは職住接近を重視する単身赴任の駐在員にとって理想的なロケーションであり、ここで70㎡以上のサイズはタイ人の富裕層が自己居住用で買うにはいいですが、投資にはちょっと向かないと思うのです。

尚、今回のプリセールの売行きは悪くなかったようですが、このフロアプランから分かるのは、エレベーターシャフトが建物中央にあり、しかも外に面した明かり取り窓が全くない狭いホールウェイなので、共用部廊下に相当な閉塞感があり、コンドミニアムとしては住みにくそうです。

こういうフロアはオフィスビルには特に問題はないのですが、本来、住宅の場合、開口部が広ければ広いほど開放感があり住みやすいので、アシュトンアソーク 1ベッドルームのリセール買いで書いたアシュトンやトンローのHQのような長いフロアプランが理想的です。

ถ้าเห็นว่าเรื่องนี้สนุกหรือมีประโยชน์ ช่วยกดนี้ให้หน่อยนะ

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ

にほんブログ村