Ashton Asokeいずれにせよ、これから住宅ローンが借りられなかった人や転売に失敗して焦った連中からの投げ売りが出てくると思います。

これについては、拙著の「バンコク不動産投資」第8章 投資の「入口」5つの実践方法、第5項 竣工直前直後の在庫処分と投売り、で詳しく解説しているので読んでみて下さい。

2014年のThink of Livingが選ぶベストプロジェクトにも選ばれたアシュトンアソークは、将来アソークを代表するようなヴィンテージコンドになれるプロジェクトだと思います。

どこにでもあるロケーションのプロジェクトではないので、こういう物件を安く買える機会はそうはありません。

従って、この1ベッドルームを狙っている人にとっては、これから数ヶ月間、タイ人の個人売買サイトを注意してチェックしていれば、思わぬ掘り出し物件を拾えるまたとないチャンスでもあります。

もっとも、タイ語が読めない日本人にはそれもちょっと難しいし、売り手も業者ではなく素人のケースが多いので、ほとんど英語も通じない場合も多々あります。しかもその場合、その後の交渉もタイ語で行うことになりますが、そうなると結構面倒です。

結局のところ、日本に居る人にとっては、自力で割安な物件を見つけ、売り手に連絡を取って交渉し、そして最後の外国人枠内での名義変更のところまでこぎつけるというのは殆ど無理だと思います。

ところで、私は利害の不一致を引き起こす両手仲介はやらないし、買い主側の代理人(リテインドエージェント)としてこういう投げ売り物件の売買交渉を行うので、投資家にとってもベストプライスで購入できるメリットがあります。興味があれば、詳しくはリテインド・エージェント(買主代理人)業務についてを読んで下さい。


ถ้าเห็นว่าเรื่องนี้สนุกหรือมีประโยชน์ ช่วยกดนี้ให้หน่อยนะ

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ

にほんブログ村