スーパーラグジュアリー最近、JLLタイランド・リサーチのレポートが以下のような問題提起をしていますが、これはかなり説得力のある内容です。

郊外の廉価なコンドミニアムが過剰供給で苦戦する中、大手デベロッパーはどこも売れ行きのいいハイエンド・コンドミニアムに開発の中心をシフトしつつある。

しかし、ラグジュアリーコンドのセグメントについては、顧客層の基盤が小さいことからその需要も限られていることを忘れてはならない。


今、平米単価で6万バーツ以下の廉価なコンドミニアムが供給過剰になっているが、これは大洪水のあと、2011年から2013年にかけてマストランジットの新線や延伸計画に先行して大量供給が行われた結果である。

2013
年だけでもこのセグメントでは43,000ユニットもの新規供給があり、これは2011年の3倍もの供給ラッシュであった。しかし一方で、家計債務の増加に伴ってこのセグメントのプリセールでの売れ行きは悪化し始め、2014年以降、中低価格帯プロジェクトの売れ行きは落ち込んだままとなっている。
 

それに対し、大手デベロッパーがどのような戦略で対応してきたかが、以下の例である。

 
1.ルンピニはそれまでの主たる供給価格帯であった廉価なアフォーダブル・コンドミニアムからハイエンドプロジェクトにシフトしつつある。特に、スクムビット・ソイ24の高級物件、ルンピニ24の成功により、今後はルンピニスイートのブランドでハイエンドプロジェクトを増やしていく戦略である。

 
2.サンシリもザ・モニュメントやザ・ラインのブランドでハイエンドコンドにシフトしてきた。2013年にはラグジュアリーとスーパーラグジュアリーのプロジェクトが彼らの新規供給全体に占める割合はわずか9%であったのが、2016年には53%へと増加した。
 

このように、現在多くのデベロッパーがラグジュアリープロジェクトにシフトする中、当然、次のような疑問が出てくる。

今の需要がいつまでこのハイエンドシフトの大量供給についてこられるのだろうか?さらに、デベロッパーはこのハイエンドプロジェクトへのシフトによって、現在の低迷する中低価格帯市場からいつまで逃げていられるのか?

次回に続く

ถ้าคุณรู้สึกสนุกช่วยกดนี้นะครับ

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ

にほんブログ村 

Can demand keep pace with the surge in Bangkok luxury condo development?
 

Pockets of oversupply in Bangkok's lower-end condominium market, coupled with demand that remains suppressed by higher household debt, have led many residential developers to divert time and resources towards higher-end condo projects and landed property.
 

By shifting their focus towards higher-end condo projects, developers are hoping to circumnavigate the rising number of mortgage rejections and to combat continually rising land prices. However, they should also be aware of limited demand in the luxury condo segment due to its much smaller base of potential buyers.
 

Oversupply in the mid-low (60,000 baht per square metre or below) condo market is the result of rapid supply growth between 2011 and 2013 due to mass-transit network expansion and the aftermath of the Bangkok floods. The segment saw the launch of 43,000 new units in 2013, nearly three times as many as were launched in 2011.
 

Unsurprisingly, the rapid supply growth, in conjunction with a continual rise in household debt levels, has resulted in declining presales rates at many newly launched projects. Since 2014, new launches in the mid-low segment have remained subdued with high household debt and rising mortgage application rejections limiting demand.
 

The examples below illustrate how some of Bangkok's strongest developers are changing their strategy:


LPN has historically focused on developing low-end affordable condos, but is now looking to expand further into higher-end condos. Following a sustained period of weak demand for low-end units, management has signalled its intention to expand into higher-end developments.
 After the success of its first high-end project, Lumpini 24, LPN is looking to expand its presence in the higher-end market via its Lumpini Suite brand, including the upcoming Lumpini Suite Phetchaburi-Makkasan. The Lumpini Suite brand will have significantly higher average selling prices than the developer's standard projects.

Sansiri has also shifted focus towards high-end condo developments with a growing number of projects under its brands, The Monument and The Line. In 2013, ultra-luxury and luxury condos contributed just 9% of Sansiri's new launches by value, jumping to 53% in 2016. Sansiri has also diversified into developing non-branded ultra-luxury condominiums, such as its 98 Wireless and Khun by Yoo developments.
 

With many developers continuing to divert time and resources towards new luxury condo developments, the question must be asked: Is this trend sustainable and can demand keep up with the supply boom? Another equally pressing matter is whether the shift towards higher-end products will continue allowing developers to weather the current period of lacklustre demand in the mid and low-end segments.