非常事態宣言再延長
ところで、そもそも論なのですが、なぜ非常事態宣言を早く解除した方がいいのかというと、以下の朝日新聞の説明にあるように、首相を中心とする危機管理機関に権力が一極集中し、超法規的な強権を発動することができるからです。

タイの非常事態宣言(朝日新聞)

国の秩序や治安が重大な危機に陥る恐れがある場合に、首相は内閣の承認を得て非常事態を宣言することができる。治安維持のために外出や集会の禁止、報道や出版規制、交通制限、関係者の拘束といった強権を発動できる。軍に任務を与えることが多い。


実際、非常事態宣言によって感染防止が最優先された結果、3月以降、首相をトップとするCCSA(Covid 19 Situation Administration Centre、COVID-19感染状況管理センター
には強大な権限が与えられ、現地の新聞によれば、これまで観光スポーツ省が提案してきた外国人旅行者の受入れ促進に関するスキームはことごとくCCSAによって却下されてきたという、以下のようなレポートも出ています。

Minister of Tourism and Sports comes forward with another scheme to kick start tourism after past proposals have been rejected. 

In recent weeks, however, Tourism and Sports Minister, Phiphat Ratchakitprakarn has come forward with new schemes such as the long-stay tourist visa and the special ‘Phuket Model’ approach which he wished to extend to tourist hotspots following the rejection of a number initiatives now by the all-powerful Covid 19 Situation Administration Centre (CCSA) since the crisis began at the end of March this year.

(この筆者は、最近やっと厳しい条件付きで承認された特別観光ビザやプーケットモデルのことについて書いているのですが、「それ以前は、観光スポーツ省が外国人観光客を増やすスキームとして提案してきたプランは、3月末以降強大な権力を持つことになったCCSAに拒否され続けてきた」ということです)


コロナ感染爆発の危機があった3月、4月の頃はこれでよかったのですが、今は国内で感染者がほとんど出なくなっているにもかかわらず、それでも非常事態宣言が続くということは、
国民の健康と安全の確保を最優先するCCSAへの権力集中が続くことになります。

しかしそれでは、タイ中央銀行が以前指摘したように、そのために受ける経済的な犠牲を考えると施政がバランスしてないことになります。


“If foreign travellers still cannot visit the country, this will impact Thailand’s economic growth more severely next year. The government should strike a balance between tourism measures and outbreak containment”

 

(タイ中央銀行:外国人観光客が入国できない状況が来年も続けば、タイ経済全体に与える影響はさらに大きくなる。政府は観光産業促進とコロナ感染阻止のバランスを取りながら政策運営するべきである)


これは私の個人的な考えですが、日銀に相当するタイ中央銀行は独立色が強いので、政府に対してそれなりに物申すことができるのですが、タイ観光スポーツ省やその内部機関であるTAT(タイ観光局)はどうしてもCCSAに従わざるをえないので、いまだに外国人の入国規制緩和もなかなか進まないのではないかと思います。

また特別観光ビザでタイに入国するには、母国を出発する前に2週間、タイに着いてからの2週間の隔離検疫、さらにタイ国内の他の場所も旅行したければもう1週間と、最長5週間もの隔離検疫が必要となり、これでは、長期滞在者を積極的に受け入れるといっても魅力がありません。

そこで今、観光スポーツ省はこの検疫を7日間にするとか10日間にするとか、新しい短縮プランを出してもいますが、来週の閣議で非常事態宣言がさらに延長されれば、CCSAへの権力集中が続くことになり、その隔離期間短縮のプランもまた却下されるのではないかと、私は思っています。

日本の対応
そういう意味では、日本の菅新総理は就任早々、日本は感染リスクをとっても外国人を受け入れるしかないという発言をして、海外からビジネスマンや留学生を受け入れる姿勢を示しましたが、少なくともタイよりは現実的な対応をしているように思えるのですが...。