soi36-1

注目のスクムビット・ソイ36!

高級住宅地トンローといえばスクムビット・ソイ55がその代名詞だ。先日も仕事を終えて友人と一杯やろうとエイト・トンロー前を歩いていたが、あの周辺の夜の雰囲気は、青山通りや表参道が持つ華やかな喧騒と同じものを感じさせる。実際、トンロー住人の6割が日本人を中心とする外国人で、ここはバンコクにある日本人街といっていい。

しかし、ソイ55でコンドミニアム投資となると、新規プロジェクトは軒並み平米30万バーツ超えのスーパー・ラグジュアリーだ。もう我々一般投資家には手が届かない。そんな中、昨年、仲介会社シティスマートはこう指摘した。「ソイ55周辺ではもう土地が手に入らなくなってしまった。デベロッパーは今後、スクムビット・ソイ36、38、49、51に開発の軸足を移す」。

そこで、BTSトンローの高架橋に立ってソイ36を見下ろしてもらいたい。今、道路の東側は更地だ。何が起ころうとしているのか見ても分からない。こういう時の鉄則は、私の本、第5章3項「デベロップメント・パイプラインを読め」だ。すると、シティスマートの予測通り、今、大きな開発の波がまさにソイ36に押し寄せている事実が浮かび上がる。

まずはデベのフラグラントが駅前に持つ3400坪の広大な土地。詳細は未発表だが、ここに2フェーズに分けてスーパー・ラグジュアリー級の大型コンドが開発される。その価格もソイ55に対抗して平米30万バーツ以上と強気だ。中にショッピングモールを誘致するとの噂もある。次に、道路に沿って南に進むと、着工したばかりの高級コンド、URBITIAがある。4月に売り出され、わずか数ヶ月で完売。正直、バンコクのコンドミニアム市場は今よくない。郊外では大量の販売在庫を抱えたデベが、禁じ手である販売価格の値下げを始めた。しかし、さすがここはトンロー、売れ足は速い。そして、そのさらに南側では三菱地所のハイライズコンド、RHYTHMが完成間近だ。従って、今後ソイ36に沿って駅から400メートルでは、3つのラグジュアリー・コンドが建ち並ぶことになる。

 更にソイ36を南下する。歩道もないような開発の遅れた道が400メートル程続くが、駅から10分程歩いた辺りでVTARA36の工事現場に辿り着く。全5棟、466ユニットの大型プロジェクトで、日本人への賃貸を狙って大きな温泉施設を持つ。既に9割が販売済とここも完売は目前だ。

 そして、4メートル道路を隔てた南隣りには、日本の中堅デベ、ラ・アトレがタイのデベと開発する高級コンド、168スクムビット36がある。当然ここも日本人エクスパットをターゲットにしたプロジェクトで、日本で先行販売を始めた。36平米で1400万円前後というエントリーレベルの投資家向け価格設定だ。10月にモデルルームが完成し、タイ国内及び東南アジアでの販売が始まれば、ここも売れ足は速いだろう。

 今、トンロー駅からソイ36を遠く見渡しても、この写真のようにRHYTHMしか見えない。しかし、「スクムビット・ソイ36はこれから様変わりする」と確信した投資家達の目には、このわずか1キロ強の短い通りに5つの完成プロジェクトが建ち並ぶ光景がもう見えているはずだ。

ただし、どんなものにも表と裏があるように、ここに挙げたどのプロジェクトにも欠点や弱点がある。従って、熟達した投資家達はそれを分析し、可能な限り投資前にリスク・ミティゲーションを行う。さもなくば、投資の「入口」で失敗するかもしれないからだ。


ถ้าคุณรู้สึกสนุกช่วยกดนี้นะครับ

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ

にほんブログ村